てつのくじら

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 さて、なんの写真でしょう?
tetsunokujira
 なんの写真でしょう?その2
tetsunokujira02
 プロペラみたいなのが見えますが航空機ではありません。
tetsunokujira03
 潜水艦でした。

 先日、呉に新しくできたてつのくじら館に行ってきますた。
 呉駅を降り、ゆめタウン(中国地方にいくつかある郊外型ショッピングセンター)を抜けたところにあります。映画で有名になった大和ミュージアムとは、道を挟んで向かい合わせになります。
 入場は無料で、展示物は主に日本の戦後の潜水艦と掃海の歴史についてのものでした。湾岸戦争時にペルシャ湾で行なわれた掃海で回収した機雷なども展示されていましたが、まぁなんといっても最大の目玉は、展示館の真横に陸揚げされた実物の潜水艦の内部を見学できるというところでしょう。
 まあ、実際に見られるのはごく一部だけですが・・・。
 それでも仕官室、艦長室、寝室、トイレ、司令室、操舵席などが見られます。
 なんというか、男の子のヲタ心をくすぐるもんがありますなあ。ミリヲタではないんですが、「実物の潜水艦」なんて言われると、そりゃ実に心魅かれます。
 ・・・しっかし、デカイです。
 ほら、タミヤのウォーターラインシリーズなんかでは、潜水艦っつうと、値段も一番安くて部品点数も少なくて、さらに他の艦船と並べると、これがまた小さく見えるんですね。
 で、潜水艦というとそういうイメージがあったんですが、実際は水面から見える部分がごく一部だということが、よくわかります。だってほら、 tetsunokujira04
自動車がまるでミニカーのようです。

 時間が余ったので、少し足を伸ばしてアレイからすこじまにも行ってみました。
 ここは停泊中の自衛隊潜水艦を、日本で一番近くから見られる場所として有名ですが、この日はあいにくほとんどが出払っていたようで、かなり遠くに一隻係留されていたのが見えただけでした。残念。
アレイからすこじまのクレーン
 このクレーンは戦中から使われていたものらしいのですが、今は退役して、モニュメントとして残されているそうです。

タグ : てつのくじら館 潜水艦 呉地方隊 アレイからすこじま

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryogam.blog4.fc2.com/tb.php/91-ab0517a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。