今日の一本 (フラガール)

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラガール(オフィシャルサイト) (公式blogはこちら
少なくとも今までに公開された今年の日本映画の中では、個人的な最高傑作と言いきれます。

フラガール
監督は李相日(り・さんいる)。故・今村昌平が設立した日本映画学校の卒業生であり、卒業制作の作品がPFFのグランプリを獲得、という、この種の娯楽商業映画を手がける若手としては微妙な経歴の持ち主。
この人の映画は『スクラップ・ヘブン』しか見ていませんでしたが、これが、出ている俳優達は、気鋭の映画作家による作家性の強い映画に出演することで自らのフィルモグラフィにバリューを得ようとし、一方の監督は監督で、加瀬亮・オダジョー・栗山千明といった決して万人受けはしないアクの強い個性派若手俳優たちを多くキャスティングすることで、映画そのもののエキセントリックさを加速する、という、今世紀のミニシアター系邦画にありがちな、なんとも独善的な(そしてあまりおもしろくない)映画だったというイメージしかありません。
そんな監督が、ここまでに見事な純娯楽映画を作るとは。正直、見くびってましたすいません。

俳優陣、特に蒼井優と松雪泰子がいいです。
蒼井はもう日本の若手女優の中では頭一つ抜けていると言える存在ですが、この作品でも見事な仕事をしています。
以前、「宮崎あおい・香椎由宇・堀北真希・沢尻エリカ」の四人を、この年代層のトップ4みたいな感じで書きましたが、考えてみたら(子役出身の宮崎は別として)蒼井はキャリアが長いとはいえ、この四人と同じ年代だということに今更ながら気がつきましたが・・・それにしても蒼井を含めた五人の出演作の公開ラッシュですなあ。
松雪泰子は、彼女のいままでのパブリック・イメージとちょっとズレた役をやっているんですが、粗暴だけど人情味溢れるはぐれ先生役を、これも見事にこなしていました。彼女の表情に、何度か涙が・・・
松雪泰子
でも、俳優陣に頼っただけの作品ではなく、何よりも脚本の構成というかドラマの組み立てが見事。
脚本は監督とは別の、ベテランシナリオライターだろ、と思ったら、ラストのクレジットを見たら(共同執筆ではありますが)監督が書いているんで、またびっくり。
ストーリーの大筋は、石炭から石油への産業構造の変節に伴い斜陽化が著しい常磐炭田が、炭鉱から出る温泉を利用して、『常磐ハワイアンセンター』を設立する、って書くと、『プロジェクトX』みたいなんですが(実際、そういう方向で見ても楽しいんですが)、決して「実話の持つ重み」だけに頼ったものではなく、きっちり作劇された、見事な娯楽作です。

「フラダンス」のイメージというか、なんでも、フラダンス、というのは正しい表現ではなく、「フラ」という言葉そのものに「ダンス」の意味合いが含まれており、単に「フラ」と言うのが正しいんだそうですが、スティールギターののんびりした音にあわせて手をゆらゆらさせながら腰をゆっくり左右に振って踊るものをイメージしていていましたが、そんな先入観が、序盤に松雪泰子が見せるダンスで打ち砕かれます。
そして映画的に最も盛り上がる、ラスト、竣工なった常磐ハワイアンセンターの晴れ舞台で、フラガールたちが踊るフラ。
そこに到るまでに周到に張り巡らされた、ガールズ一人ひとりの背後にあったドラマ。そのいろんなドラマを見てきているからこそ、ラストでフラの群舞を魅せるフラガール一人ひとりに限りない思い入れを感じ、エモーショナルかつパーカッシヴなサウンドの高鳴りと爆発的なダンスに、強いカタルシスを感じることができたんですね。
一人ひとりのダンサーたちが織り成す群舞、それぞれの背中に背負ったそれぞれのドラマが織り成す、まさにシンフォニックに構築された脚本の構成は、見事としか言いようがありません。

俺の周囲では、昨年、『オールウェイズ 三丁目の夕日』を劇場で見損ねていて、その後の好評に慌ててDVDになってから見て「映画館で見ればよかった」と後悔した人が結構います。
まずはそいつらに、
「また後悔したくなければ、今のうちに『フラガール』見とけって。あ、念のためハンカチ忘れないでね」
と言って回る日々が続いています。

この記事へのコメント
初めまして、達也です。
『フラガール』、ホントにいい映画でした。
難波の新設TOHOシネマズなんばで
観たのですが、帰りに買った
パンフレットめちゃ豪華で、
細部に至るまで、いい作りです。
ブログにアップしましたので、
もし買い忘れていたら、ぜひご覧ください。
あの感動が蘇ります。
そしてまた、ウルルン。

P.S トラバさせてくださいね。

2006/10/08(日) 19:58 | URL | TATSUYA #-[ 編集]
はじめまして!
TBありがとうございました。

『Always 三丁目の夕日』に作品の性格が似ているように思いました。なんというか誰もが見てよかったと思えるような感じがありますよね(^-^)
2006/10/02(月) 15:53 | URL | nana513 #490j5D.M[ 編集]
音楽もいいですねーこれ。
冒頭のボタ山での主人公とその友達の会話シーンからタイトルバックに入るところの後ろに流れる音楽を聴いたとき、自分の中で、何の根拠も無く、いい青春映画を見つけた実感が沸いてきました(経験の成せるものかもしれませんがね)。
2006/10/01(日) 23:48 | URL | ◆RyoGAM(Owner of this weblog) #-[ 編集]
初めまして!こんばんわ。
フラガールを観たばかりの者です。

当初はウクレレ奏者のジェイク・シマブクロが
音楽で参加しているという事で興味を持ったのですが、
メディアでの評価が高かったので劇場に行ってきました。

恥ずかしながら、ハンカチが必要な映画でした(^^;)
普段ハンカチは持ち歩かないので涙は流れるままに
しておきましたが(←みっともない)

蒼井優は【男達のYAMATO】で
カワイイ女の子だと思ったのですが、
キャリアは多彩なんですよねぇ。
【鉄人28号】の実写版にまで出ていましたし(^^)

久しぶりに楽しめる映画でした。
【涙そうそう】にも興味があるのですが、
TBSが無理矢理にプロモーションを
しまくっているのが気に掛かりますv-403

それではお邪魔しました。
2006/10/01(日) 00:49 | URL | JIM #JalddpaA[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryogam.blog4.fc2.com/tb.php/73-805487b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
映画専門誌「キネマ旬報」が選ぶ第80回(2006年度)キネマ旬報ベスト・テンの表彰式が2月10日、東京・有楽町朝日ホールで行われました。もう80回なんですね。どの映画が受賞したのかな?...
2007/02/11(日) | ネット丸トク情報
福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンター (現スパリゾートハワイアンズ)にまつわる実話を基に、 フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた ハートフル・ストーリー。 李相日監督が閉鎖の迫る炭鉱の街で起死回生のために ハワイアンセンターを
2007/01/19(金) | 噂の情報屋
映画専門誌「キネマ旬報」が、2006年度の映画ベストテンを発表しました。今回で80回目となる「キネマ旬報は、女性監督や若い世代の作り手が高い評価を得たのが特徴だそうです。わたしも今回選出された映画は観に行きました。さすがに心に響くモノがありました...
2007/01/10(水) | 秘伝!夢のネット生活♪
フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ~~~!!なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン。撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあって、松雪...
2006/10/14(土) | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・時間の都合で邦画の「フラガール」。予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
2006/10/11(水) | ひらりん的映画ブログ
『フラガール』の感動を、何度でも見直そう。 ←豪華ハードカバー・パンフレット。↓感動のSTORYページ 数々のシーンのカットページ→ ↓ 松雪さんのFASHIONページ  出演者のDYALYページ →『フラガー
2006/10/08(日) | TATSUYAのシネマコンプレックス
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。いつの間にか
2006/10/08(日) | カノンな日々
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
2006/10/08(日) | はらやんの映画徒然草
フラガール(ふらがーる)はシネカノン制作・配給の、2006年9月23日全国公開した日本映画です。
2006/10/04(水) | 気ニナルコトバ
米アカデミー賞にも日本代表として出品されますね。そんなに期待せずに見たのに今のところ今年の邦画ベスト1に選出したい「フラガール」が9月23日より公開されます。昭和40年エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱のまち。そこでは北国をハワイに変えようという起死回生
2006/10/03(火) | bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。「まいったな。まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」----『69 sixty-nine』のこと、いつもよく言わなかったものね?でも、これもあの映画と同じ60年
2006/10/02(月) | ラムの大通り
うっ!キ・・キタ━━━━(T∀T)━━━━!!な・・涙が止まらないよ~でも・・・オレだけじゃないよ。場内の暗闇のあちこちから聞こえる。グスグスと鼻をならす音どんなに辛く悲しくても   「おどっぺ」と未来に向う彼女らにもう館内総泣き・・・でもいいじゃない。こんな
2006/10/02(月) | ON THE ROAD
『フラガール』(★★★☆☆)2006年/日本監督/李相日 出演/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、富司純子 他福島の常磐ハワイアンセンター創設時の実話を元にしたストーリーです。次々と炭坑が閉鎖に追い込まれる街
2006/10/02(月) | アジアンリミックス
先ほど、mixiの「マイミクシィ最新日記」をチェックしていたら、あるマイミクさん
2006/10/01(日) | ぷらり途中下車の日々

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。