ビアフェス at 大阪

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
既に一週間が経過してしまいましたが・・・
5月28日、フォーミュラ・ニッポンの第3戦もてぎラウンドは、スカパーのリピートで見ることにして、日本地ビール協会(JCBA)が主催するビールのお祭り、「ジャパン・ビア・フェスティバル」の大阪会場開催分に行ってきました。

メンバーは、ここ広島に住み着いて以来、ほとんど巣みたいになっている、中区幟町のパブ『Celtic』のオーナー田村さんと店長の愛ちゃん、そして俺の三人。
本当は東京会場に行きたかったんですが、そんな再々東京まで通ってられないため、今回は大阪のイベントに行くことにした訳ですが、大阪なら日帰りも可能だと思って、『Celtic』にも話を持ちかけてみたところ、田村さんがすごい乗り気で、
(田村さん)「行きますよー。(愛ちゃんに)店はちゃんとやっとくように」
(愛ちゃん)「えぇー?!※◆◎×▽!」
(田村さん)「え?行きたいの?」
うーん厳しいオーナーです(笑)。
『Celtic』は日曜が不定休なんで、この日は休むのかと思ったら、なんと営業するんだそうで、広島に18時頃には帰り着くようにスケジュールを組み、日帰りの強行軍でした。

全体的に近畿地方以西は、中部以東に比べて、どうも地ビール文化の根付き具合が弱いと言うか、東京ほど地ビールや輸入ビールを飲めるお店が多くなかったんですね、実感として。
東京で暮らしてみると、地ビールを飲めるお店も多く、ビールのイベントもたくさんあり(なにしろエールビールだけのイベントとかがあったりする)、各地の地ビールを飲めるお店も多く、所謂ビール党(という言い方をするとちょっとイメージが違いますが)としては実に恵まれた生活が送れた訳です。
今回のイベントも、東京での盛況と比較したら、大阪じゃあねぇ・・・盛り上がるのかねぇ・・・?と、半ば疑ってかかってたんですね。
そもそもJCBAのオフィシャルサイト内に設けられたイベント告知ページに、
「大阪会場で飲めるビールのリストは、5月中旬には発表します」
とか書いてあったのに、5月下旬に突入してもリストは出ず、挙句の果てにはその「発表します」の一文もいつの間にか削除される始末。
だから、最初は行くかどうか迷ってたんですね。フォーミュラ・ニッポンの決勝レースだって生中継で見たいし、そもそもイベントの規模がしょぼかったら、イベントのチケット代(前売り券で\3,000-)もさることながら、それ以上に交通費が痛い。なにしろ東京に比べて大阪は近いとはいえ、新幹線代が広島から片道\10,000-掛かります。
なにより、『Celtic』に話を持ちかけてしまった以上、しょぼかったら目も当てられません。
待てど暮らせど発表されないリストを待ちかねて、とうとうJCBAにメールで問い合わせたところ、翌日返信があり、PDFファイルが添付されていました。
その後、リストはサイトの方にもUPされました。
さすがに東京ほどの数は揃っていませんでしたが、それでもケグだけで約30種類、ボトルや缶とあわせると100種類くらいは揃いましたかね。これだけ出るのであれば、まぁ安心、といえるだけのものが揃ったように思いました。
丁寧に対応していただき、ありがとうございました>JBCA様。

以下、印象に残ったものなどを・・・

★★★サンクトガーレン ゴールデンエール
今回最大の収穫かもしれません。
Celticのスタッフと一緒に行動しておきながらなんですが、吉祥寺HOLICでは常陸野ネストのホワイトエールのかわりに、ここのクリスタル・ヴァイツェンのケグを置いている、ってことで、クリスタル・ヴァイツェンの出展を期待してたんですが、今回はなかったですね。
でもこのゴールデンエールは最高でした。50ccの試飲グラスで、結局4~5杯飲んだんじゃないかな。
ホップ香が強く、味もしっかりしているのに、所謂「濃い」感じがしない、実に飲みやすいビール。
★★□サンクトガーレン アンバーエール
ゴールデンエールがあまりにもおいしかったのでどうしても比較しちゃうんですが、これはこれでおいしかったです。
香ばしいのが好きな人は、ゴールデンエールよりこっちでしょうね。
俺はゴールデンが好きですが。
★★□サンクトガーレン ブラウンポーター
素直なポーター。これも結構うまい。
個人的には、サンクトガーレンはベアードブルーイング、ヤッホーブルーイング、ブロイハウス大沼といったところに匹敵する「ここなら間違いない」ブランドですね。
□□□ロコビア 佐倉・香りの生
うーん・・・ちょっとこれは・・・
ブリュワーが女性で、女性向けを謳っているんですが、ちょっと中途半端というか。
ケルシュ系なんですが、「女性向け」っていうなら、もうちょっと華やかさが強いほうがいい気もします。
□□□隅田川ブルーイング アルト
東京に住み始めた頃に、直営店へ飲みに行ったんですがね、その時はおいしいと思ったんですよ、これ。味落ちたのかな?
当時はもっと味が濃かったように思うんですが・・・
単独で飲めばそれなりにおいしいのかも。
★□□隅田川ブルーイング ヴァイツェン
どちらかというとアルトよりこっちのほうがおいしかったですが・・・うーむ。
★★□いわて蔵ビール 三陸カキの黒ビール
牡蠣入りスタウトというと、ガンボ&オイスターバーで出る「オイスター・スタウト」が思い浮かびますが、あれは常陸野ネストの木内酒造だったかな?
とにかく、あれを思い浮かべると、嬉しい誤算に悲鳴を上げることに・・・(大げさ)。
正直、比較になりません。こっちのほうがおいしい。
広島唯一のブリュワリー「平和工房」も、広島名物の牡蠣とビールの組み合わせで、こういうの作ればいいのに(´・ω・)(・ω・`)ネェー
と、田村さんと二人で意見が一致。
★★□いわて蔵ビール IPA
牡蠣スタウトほどのインパクトはないんですが、IPAらしいIPAです。
ここのフルーツ系ビールは飲んだことあったんですが、ここのビールらしいビールは、とてもビールらしくていいですね(何を言ってるんだ)。
フルーツビールを売りにしたくなるのもわかりますが、エールやスタウトのほうが普通においしいんですが・・・
□□□はこだてビール 社長のよく飲むビール
これもIPA系。
ネーミングが素晴らしいので飲んでみましたが・・・
とにかく甘い&重い。好きな人は大好きかもよこれ。
俺はちょっと駄目でしたが・・・
★★★大沼ビール IPA
今回IPAを名乗っていたものの中でも最高の出来だと思いますね。
以前にも一度飲んだことがありますが、香り・味ともに絶妙。ホップが強いのはどうしても駄目、という人以外は、酒好きなら誰でもおいしいと思うんじゃないですかね、これは。
★□□大沼ビール アルト
同一ブランドのIPAがあまりにもうますぎるので、損ですね。
もちろんこれはこれでおいしかったんですが、バランス的に最高のIPAと飲み比べると、ちょっと軽い。
★★★金しゃちビール 名古屋赤味噌ラガー
今回のダークホース。
名前からして、名古屋の八丁味噌を使っているんでしょうが、そのイロモノ的ネーミングとは裏腹に、素直なうまいビール。
決して「味噌臭い」訳ではないです。むしろ麦だけでは出せない複雑なコクが、豆によってもたらされているんでしょうか。独特の芳醇な味があるビールです。
言われるまで「味噌」を使っているとはわからない、というか、言われても「味噌」はなかなか見つけられませんよ!
とにかくうまい。
★★□金しゃちビール 赤ラベル アルト
赤はアルト、青はピルスですが、赤はなかなかおいしいです。この名古屋のブリュワリーはまったくノーチェックでしたが、いやー名古屋という大都会に、こんなおいしいビールをつくるブリュワリーがあるとは。まだまだ日本のビールは奥が深い・・・。
★★★箕面ビール リアルエール・ペールエール
今回の大阪のイベントで、おそらく中心的な役割を果たしていたであろうと思われるブリュワリーです。
会場に入ったら、真っ正面にでーんとブースを構え、サーバーも六つ口の便利サーバーみたいなのじゃない、専用のサーバーを置いていました。
それはともかくとして。
これはおいしいですよ。
今回の中では、サンクトガーレンのゴールデンエールとタメを張れるおいしさ。
俺自身、どうしても関西出身、しかも箕面を含む北部大阪・北部阪神間は、まさに高校~大学時代の活動エリアそのものだっただけに、そこのビールです、と言われても、卑近すぎでちょっと・・・ってな感じがあったんですが、これはもう降参
こんなにおいしいビールが、自分の出身エリアで作られていることを、今後は誇りにしたい、と思いましたです。はい。
★★□箕面ビール リアルエール・スタウト
これも結構いけます。ペールエールと比べると若干個性が薄い気がして、そこは損してますが・・・
こういうイベントだと、どうしても「飲み比べ」てしまうのが、まぁ良し悪しですねえ。
単独で飲むと、十分うまいビールだと思いますよ。
★□□箕面ビール ペールエール
ぇー、「リアルエール」と比べると(だから比べるなってば!)、ちょっと・・・ぃゃかなり・・・
★★□島根ビール ビアへるん 縁結麦酒スタウト
我らが中国地方のビールです。「えんむすびーる」と読むみたいですね。
素直な香ばしさのあるスタウト。悪くないです。
広島でも飲めればいいのにね。
★□□島根ビール ビアへるん ホワイトエール
ちょっと冒険してみました、的な、ベルギー系のビール。
ただ、ちょっと恐る恐るやってみた、みたいな。
常陸野ネストみたいなオリジナリティを産み出すまでには到っていません。
広島市内は「平和工房」が頑張ってはいるものの、ビール不毛の地ですから、同じ中国地方の、最大の人口を抱える街へ、積極的に出てきて欲しいなあ、と。
★□□明石麦酒 黒ビール
色は黒いけど、スタウトと呼ぶにはあまりにも香ばしさが不足し過ぎ。
とはいえ、純粋に酒としてどうか、というと、決してまずくはないですね。
★★□明石麦酒 海岸ビール
ピルス。
とりたてて特徴はないんですが、逆に大手四社のビールしか知らない人々に、ビール本来のホップ香を教えるには適しているかな、というタイプのビール。
うまいですよ。際立ってうまいというわけではないですが。
★□□湘南ビール 湘南リーベ
スタウト。
茅ヶ崎の蔵元、熊沢酒造が作るビールです。
ここのピルスは以前に一度飲んだことがあり、とりたてて印象に残っていなかったんですが、B※さん(じゃないや今は大山さんか)のBLOGで、ここのビールのボトルがバケツに張った水の中で無造作に冷やされている写真を見て以来、無性にまた飲んでみたくなってたんですよねー。
で飲んでみたんですが。はい。
うーん・・・ピルスと同じですね。
もちろん味はスタウトですが、とりたてて特色のないスタウトです。
ただ、ラベルのデザインはいいですよ。湘南のご当地ビールという雰囲気がいい感じです。
□□□常陸野ネストビール ジャパニーズクラシックエール
・・・。orz
こ、これは・・・
木内酒造の作るビール独特の香り、華やかさがあるんですが、それと強めのエールの匂いがバッティングしてしまっていましたね。
同じ木内の常陸野ネストでも、「杉樽仕込み」は、木内独特の香りと杉の香りのマッチングがうまくいってたと思いましたが・・・
★★□出雲路ビール ヴァイツェン
これも島根のビール。
同郷の島根ビールよりもすっきりした感じです。
なんで島根にはブリュワリーがあって、広島には無いのさ!
★□□スワンレイク ポーター
久々に飲みました。
スタウト初心者にも薦めやすい、癖の少ないすっきりスタウト、というキャラは変わってないですね。
家から徒歩3分の居酒屋にこれを置いていたんですが、俺のわがままでハートランドのボトルを置いてもらったために、店の冷蔵庫のスペースがなくなり、残念ながらなくなっちゃいました。ごめんなさい。
この記事へのコメント
よっちゃんこんにちはー。
あれ?ヨイヤーはスタウト駄目だっけ?好きなのはエールだったっけか。
それにしても箕面ビールが飲めるとは、さすが福岡は大都会。広島とは違うねー
ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
2006/06/05(月) 01:11 | URL | ◆RyoGAM(Owner of this blog) #-[ 編集]
箕面はいいですよね。福岡で飲んだ時に予想外の美味しさに驚きました。スタウトは苦手だけど、ここのスタウトはものすごく飲みやすかった。
2006/06/05(月) 00:03 | URL | ヤヨイ #JUGsyThY[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryogam.blog4.fc2.com/tb.php/57-a35ac8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ピルスナー、アルト、ケルッシュが各1本づつの詰め合わせ。 発泡スチロールの保冷箱でお届けいたします。 ご進物にいかがですか? [産直奈良県]・近畿 地ビール追加・地ビール「明石海岸ビール」・■神奈川の代表的地ビール「湘南ビール」のお中元・父の日といえば、やっ
2007/07/22(日) | 地ビールの厳選紹介

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。