今日の一本 (小さき勇者たち GAMERA)

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
角川映画というと、書籍・テレビCMと映画のメディアミックスによって低迷していた日本映画のカンフル剤的な役割を果たした、新進気鋭の独立プロにして邦画界の異端児、というイメージでした。
その後、フジテレビなどが同じやり方(こちらはテレビ番組とのメディアミックス)で成功を収めましたが、その角川が、かつてのメジャースタジオでもあった大映を徳間書店経由で買収、その後配給会社大手の日本ヘラルドをも買収。
また、邦画界において確固たる地位と名声を持っているキネマ旬報をも傘下に収めており、いまや、かつての異端児が、日本映画界の一大メジャーブランドになっています。

昭和ガメラ このメジャーブランドが現在取り組んでいるのが、特に歴史を持つ「大映」ブランドの持つ数々の資産を活用することです。
その第一弾が、昨年公開された『妖怪大戦争』のリメイクでした。
三池崇史を監督に迎え、過去の『妖怪大戦争』とはテイストを変えつつも、負けず劣らずの「怪作」に仕上がっており、これはこれで楽しめるものでした。
そして第二弾となるのが「大魔神」と双璧を成す大映の持つメジャーキャラクター「ガメラ」の復活です。

思えば、昭和時代のガメラは、ごく初期を除いて、子供向け特撮映画の範疇を出るものではありませんでした。
主人公も子供、お話も子供向け、そして設定上も「ガメラは子供の味方である」というように、明らかに子供「だけ」を対象にした作りになっていました。
そして、予算の問題もあったのでしょうか、同じ子供向けでも、東宝「ゴジラ」シリーズよりさらに安普請なのが、かえってガメラシリーズ独特の味になっていたようにも思います。

G2一方、一般に「平成三部作」と言われる、金子修介・樋口真嗣の産みだしたガメラは、きっちり予算と手間を掛け、映像的にも脚本的にも大人の鑑賞に耐えるものになっていました。
特に平成の二作目『ガメラ2/レギオン襲来』は、その緻密なSF設定と、自衛隊を軸とした「戦争映画」としても通用する描写などが評価され、日本SF作家クラブから、映画としては初めて「日本SF大賞」を送られたりもしています。
ただ、平成シリーズ全体として、そのマニアックな設定が災いして、「子供のファン」を獲得できず、かつて「昭和シリーズ」を見て育った大人(いわゆる「大きなお友達」層)が喜んで観に行くのみ、という、シリーズとしては何とも尻すぼみというか、ガメラファン層の拡大には全く寄与しなかったというとほほな結果に終わりました。
二作目が各方面から絶賛されるほどの傑作だったにも関わらず、それを受けて製作された三部作の三作目が、散々拡げた大風呂敷を畳みきれないまま終わってしまった、というのも、シリーズ全体としての評価が今ひとつになった原因かもしれません。

そして、今回のガメラ。

昭和から平成シリーズを経てきたファン層を納得させるためには、かつての平成三部作同様に、緻密な設定とリアルな描写に依った作りにすべきです。
作り手もそれは重々承知していた筈ですが、今回の作り手達は、敢えてそうしていません。
設定は甘いし、主人公も子供であることから、ドラマ部分も子供主体で、むしろ、昭和~平成(金子樋口)を通過してきたファンから見れば、退化とも取られかねないものになっています。
ただ、作り手達が「今回はジュブナイル」「今回はファンタジー」と明言しているところからも、この「先祖がえり」は意識して行なわれたであろうことが伺えます。
つまり、敢えて、平成(金子樋口)の熱烈なファン層におもねることなく、新しいガメラ(というか新しい怪獣映画と言うべきか)像を模索したもの、と言えます。

物語は、伊勢・志摩地方を舞台に始まります。

尾道然り、神戸然り、こういった海と山が近接したロケーションは、過去の多くの作品を例に出すまでもなく、いかにも日本映画的な情緒を含んだ風景を見せます。
そこを舞台に、母を亡くした主人公の少年を中心に、正にジュブナイル的なストーリー展開を見せていきます。

脚本の難点は大きく二点。

まず導入部。
主人公と父親のどこかよそよそしい父子関係の描き方や、主人公とその友人達との交流の風景は、女性脚本家という点を差し引いても、少々リアル感に欠け過ぎるきらいがあったのは残念です。
少なくとも、いい年をした大人になってしまった俺のような「大きなお友達」には、過去の自分の少年時代を重ね合わせて感傷に浸れるようなリアルさはありませんでした。
今の子供にとってどうか、というのは分かりかねますが、まさか今の子供達におもねるためにケロロ軍曹などを出したわけじゃないだろうな、とか。
ケロロ軍曹は今の角川のドル箱だし、アニオタとしては有名な作者、吉崎観音は間違いなくゲーム、特撮を含めたヲタ系サブカルが好きな人だと思われるので、ちょっとうがちすぎかな?

序盤の少年像の作りこみの浅さは、脚本家が女性であることと無縁ではないと思われますが、女性脚本家を起用した時点で製作サイドとしては想定できたことでしょうから、そのリスクを冒してなお、得られるものがあると考えての女性脚本家起用ですか。
次に、少年と小亀「トト」の交流。
母親を亡くし、父親とは完全には理解し合っているとは言えない主人公ですが、友人に不自由している様子も無く、確かに卵から孵る場面に出くわしたとは言え、後に自らの命の危険をも顧みずに「トト」のために奔走することの伏線が、前半に敷かれていないのは、大きな欠点と言えましょう。
脚本にケチをつけるとしたらこの二点。前者は女性であればやむを得ないことでしょうが、後者は明らかに脚本家の力不足ではないかと思いますね。

中盤以降も、怪獣映画としては異例とも言える展開で、主人公とその友人、そして彼らより2~3年は年長であろう女子と彼らの親との心の交わりを縦糸に、彼らのトトへの思いを横糸に、物語は展開していきます。
決して、敵怪獣ジーダスの発生メカニズムの解明やら、ジーダスとトト(ガメラ)の因縁などを説明的に描くことはありません。
特撮ヲタ、怪獣ヲタ、SFヲタの脚本家なら、こうは行かなかったでしょうから、このあたりがこの脚本家起用のキモでしょう。

とはいえ、きっちり「大きなお友達」に向けたマニアックなサービスカットなども盛り込まれています。
ガメラ対大悪獣ギロン
「トト対出刃包丁」のシーンを見て、( ̄ー ̄)ニヤリとした人は俺だけじゃない筈・・・。

怪獣の造形に関しては、トトのビジュアルが出回り始めた昨年夏あたりから賛否両論でしたが、「かわいい」「でも弱そう」な顔のガメラは、今回のストーリー展開的には正解と思いました。
序盤、まだ完全に成長し切っていない幼体のトト(ガメラ)が、見るからに凶悪な風体のジーダスにタコ殴りにされるシーンで、もし平成の金子樋口路線のガメラの風貌なら、不自然この上なかったでしょう。
今回のかわいらしい容貌だからこそ、タコ殴りにされてなおジーダスに立ち向かっていくトト(ガメラ)を見て、放っておけないと感じた主人公達が危険を顧みずトトを応援するために奔走する姿に、観客は感情移入ができた訳ですから。
逆に、あのトトのビジュアルに頼らなければ、主人公達の決死の奔走の理由付けが出来ていないところが脚本の弱さでもある、と思いますがね。
名古屋市街で対峙する二匹
後半、舞台を志摩から名古屋に移し、再度対峙する二匹。
ここから、物語は一気にファンタジー色を強めていきます。
トトが産まれる前、トトの卵を乗せていた赤い石は、トト(ガメラ)にとってエネルギー源であるらしいことを知った主人公は、その石を「お守り」として名古屋の大学病院に入院する少女に渡してしまったことを後悔し、石をトトに届けるべく、友人達と名古屋行きを決行しますが、同時に入院中の少女も、自らの持っている赤い石がトトにとって大切なものであることを悟ります。

ちなみに、この少女役が、夏帆という女優ですが、病弱な少女のか弱さと、主人公達にとっては大人の理屈を説くこともできる姉御的な部分を、巧みに融合できていたと思います。
夏帆たん
11代目のリハウスガールだそうです。 いつの世もリハウスガールは独特の透明感を持っており、こういったニーズに応えられる若い女優を産み出し続けていますねー。今回も見事にリハウスガールらしい好感度の高い雰囲気を見せてくれています。

さて、その夏帆たんもとい少女麻衣の手から、主人公達を経て、トト(ガメラ)に赤い石が戻されるシーンは、この映画最大の見所で、素直に感動できる場面です。
近年、必要以上に涙もろくなった所為か、ここでは不覚にも涙が出ましたよ。
脚本的には、赤い石を手にしたものは、それがトト(ガメラ)にとって必要なものだ、ということが直感的に分かる、という状況をもっと説明すべきなのかもしれませんが、先に書いたように、徹底的に説明的なシーン、SF的理屈付けのシーンを排除している以上は、あれでよかったのかもしれません。

そして、赤い石を得たトトは、遂にフルスペックのガメラとして覚醒します。
回転ジェット全開!
感動シーンの後には、この映画で最も怪獣映画的にカタルシスを感じさせてくれるシーンへ続きます。
観客の子供達も「大きなお友達」も、ここは素直に、放出されるアドレナリンを感じて、一緒に興奮するところですね。

ラスト、再びトト(ガメラ)を守るために子供達が一役買います。
ここでも、先ほどとは別のアドレナリンが出るところですが、ちょっと絵作り的にありきたり過ぎて、感情移入できないままでした。これは脚本家というより、監督の力不足と言えましょうか。

と、まあ、このblog始まって以来、映画に関しては最も長いであろうエントリとなりましたが、俺の特撮ヲタの本性全開ということで、ご勘弁くだちい。
総じて、1800円なりの価値はある映画だったと思いますが、いくら従来の怪獣映画の枠を破る作品だとは言え、本当の子供、もしくは怪獣映画が好きな人以外が1800円出す価値があるかというと、どうか分かりません。
ただ、日本特撮映画界でゴジラに次ぐ地位であるガメラという財産を、ちゃんと後世に引き継いでいこうという作り手達の心意気は買えるものだったと思います。

この記事へのコメント
>> ガメラ医師 様

コメント、トラバありがとうございます。
そして貴Blogにて過分のお褒めを頂き恐縮です。
新しいアプローチとして、この映画はアリだと思いますが、怪獣と言う題材を掲げて新たなアプローチをするのは勇気がいることだと思いました。
2006/05/13(土) 13:35 | URL | ◆RyoGAM(Owner of this weblog #-[ 編集]
 突然のコメントで、大変申し訳ありません。
 私は『ガメラ医師のBlog』管理人の「ガメラ医師」と申します。新作映画「小さき勇者たち~GAMERA~」関連のBlog情報を収集しております。
 この度、ガメラ映画の感想を検索中にこちらの記事を拝見し、拙Blogにてご紹介・TBさせて頂きましたので、ご挨拶に参りました。
 他の方々のBlog記事もございます。もし差支えなければ、拙Blogもご笑覧だければ幸いです。
 長文ご無礼いたしました。これにて失礼致します。
2006/05/08(月) 17:05 | URL | ガメラ医師 #uzicl2Lc[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryogam.blog4.fc2.com/tb.php/51-da61d034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
雨時々曇り昨日は怪獣映画ファンの間で賛否両論の『小さき勇者たち ~GAMERA~』を観て来ました。 ← 昨年11月27日の生誕40周年イベントにて今回6年振りに復活したガメラは、今までの
2006/05/12(金) | ちょび之助ノアルキカタ ~雑記帳~
 公開10日目。昨晩のTV報道(Showbis countdown等)によりますと、先週の国内興行成績では第六位だったそうです。ソースは興行通信社か(2006年4月29日~2006年4月30日)。 一位が某小学生名探偵、二位が某幼稚園児の作品なので妥当な線なのでしょう。営業的には如何なも
2006/05/08(月) | ガメラ医師のBlog
出演:トト=ガメラ、富岡 涼、夏帆、津田 寛治評価 【1300円】ストーリー美しい海辺が広がる伊勢志摩、交通事故で母親を亡くしたばかりの少年・相原透は、ある日海岸で不思
2006/05/08(月) | 百記徒然袋【十勝日誌】

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。