今日の一本 (ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女)

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先行ロードショウを広島スカラ座で見てきました。
この広島スカラ座、所謂古き良き大劇場です。大阪でいうところの北野劇場、東京なら丸の内ピカデリー。その広島スカラ座が、土曜夕方18:10からの上映で、場内おおよそ2割の埋まり具合。
ちょっと先行き心配な出足ではあります。

ベストセラー名作大河ファンタジーの映画化であること、また、原作者が同時代のイギリスで、且つお互いに交流もあったということ、など、どうしても『ロード・オブ・ザ・リング』三部作と比較されてしまいます。
実際、見ている観客の大多数は、アレを見ているわけで、比較するなと言う方が無理。
ただ、こちらは原作があくまでも児童文学。対してあっちは、どう読んでも子供向けとは思えないものです。
まあ、それを反映してか、お話は、ディズニー映画であるという点も含め、随分と薄味で毒のない作品に仕上がっています。
製作陣の、原作への愛情の濃さも、指輪三部作とは比較にならないでしょうね。

そういえば、比較される対象が、指輪三部作以外にもあります。
現在進行形のファンタジー大河と言えば、『ハリー・ポッター』シリーズですが、あれも(今のところ)回を重ねるごとに色合いがダークになったり、ストーリーが児童文学からジュブナイルに進化したりしていて、ちょっと直接比較する対象じゃないかな、とは思いますね。
それになによりハリポタシリーズと違うのは、主役の子役達ですね。
ルックス、存在感ともに、ハリーやハータンたちとは比較になりません。
最大の見せ場(魅せ場)である戦闘シーンでの、兄と弟の甲冑姿も、まったくサマになっていません。
これが、「主役達の成長を見せるため、敢えてシリーズ一作目では未熟なところを見せる」という、長期シリーズを見据えての戦略なら、それはそれでアリなんでしょうが、ある意味商売度外視で当初から三部作を作るつもりで準備万端整えていた指輪なんかと違って、商売最優先のディズニーのこと、この1作目が大ヒットしなかったら続編作らないかも・・・と思うと、なかなかに難しい話ですね。

最大の売りである、CGなどの特殊技術を駆使した映像ですが、これなどはまさに指輪三部と比較すると、監督の力量不足を実感してしまいます。
今は、予算さえあれば本当に「どんなイメージも映像化できてしまう」時代です。
そして、そんな時代だからこそ、クリエイターは「イマジネイションの豊かさ」を求められるのだと思います。
それが顕著に出ていたのが、最大のクライマックスである合戦シーン。
善と悪の対立構図の下で、善側の大群と悪側の大群が広い草原で対峙し、いっせいに激突する場面は、双方の大群を構成するのが、現実には存在しない空想上の生物である点も含め、否が応でも指輪三部作、とりわけ『王の帰還』の「ペレンノール野の戦い」を思い出させます。
指輪から2年後の公開である本作では、当然ながら、CGや特殊メイク等の特殊撮影の技術は、さらに進化している筈です。
にも関わらず、ペレンノール野の戦いより、明らかに見劣りする合戦シーン。
現実には存在しない生物の大群同士が、敵味方に分かれて対峙するシーン、そして両軍が正面衝突するシーン。
それをどう捉えるか、どう撮影するか、どうカット割りするか、どう繋ぐか。
まさに作り手たちのイマジネーションの豊かさが問われます。
例えて言えば、デジタルシンセサイザーが普及し、ミュージシャンの誰でもどんな音でも出せるようになった時代、それじゃそのハードを使って作る曲は果たしてどうか、が、演奏技術以上に問われる時代が来ました。
それと一緒です。
「どんな映像でも作れる」時代だからこそ、純粋な「映像クリエイター」としての資質・力量が問われる今日この頃ですねえ。それを痛感させられましたよ。

この記事へのコメント
●旧スカラ座はネットカフェになってました。
興味で入るとまったく違う物になってました(寂)
確かに環境面ではシネコンが上ですが・・・。
10年たつとシネコンも同じ感じかな。
2006/03/26(日) 18:47 | URL | moviemania1999 #SFo5/nok[ 編集]
先行上映の時は、ガラガラでした>広島スカラ座
シネコン全盛の時代に、ああいう大劇場は貴重なんで、潰してほしくはないですね。
まあ鑑賞環境は、シネコンの方がいいんですが、郷愁ってやつですか。
2006/03/11(土) 06:15 | URL | ◆RyoGAM(Owner of this blog) #-[ 編集]
●広島スカラ座そんなに少なかったんですか??
吹替え、字幕入れ替えなしで見られるのに・・・お客は気づいてないのかな?
でも、広島だけかなロードショー単館系が潰れないのは・・・がんばってほしい。
ナルニアは今週土曜日に行く予定です。
2006/03/09(木) 17:00 | URL | moviemania1999 #SFo5/nok[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryogam.blog4.fc2.com/tb.php/42-ca4c60a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ジョニー・デップ主演パイレーツ・オブ・カリビアンの待望の続編がこの夏公開!2007年公開の3の情報、ジャック・スパロウが登場するリニューアル版「カリブの海賊」情報も!
2006/03/24(金) | パイレーツ・オブ・カリビアンの鉄人
 大ヒット公開中の映画「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」。 「指輪物語」とならぶこのファンタジーの傑作を、精神科医樺沢紫苑が心理学的な視点で解読しました。  「父親探し」のテーマ。 子供たちにとっての「父性」とは何か?  そして、キリ....
2006/03/05(日) | シカゴ発 映画の精神医学
大ヒット公開中の映画「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」。「指輪物語」とならぶこのファンタジーの傑作を、精神科医樺沢紫苑が心理学的な視点で解読しました。「父親探し」のテーマ。子供たちにとっての「父性」とは何か? そして、キリスト教的な意味。「ナルニ
2006/03/05(日) | シカゴ発 映画の精神医学
●『ナルニア国物語』2006年3月4日公開。全米では9日に公開。首位デビューで製作資金(制作費一億五千万ドル)もなんとか回収できそう。心配なのは『キングコング』の史上最高の制作費2億ドルがなんとかヒットして回収できるくらいまでいってほしい。ある雑....
2006/02/26(日) | 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。