共鳴と誤差 in 血みどろ☆REMIX (2)

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

る*しろう

二番手は、る*しろう。
2月の新宿Live Freak以来。
美也子姫は、この前の大阪の高円寺百景で見ましたが。
姫は今回は頭の右側で髪を一つに束ねていました。
今回もかぶりつきで、場所的には前回の大阪の百景と同じく、姫のドまん前。相変わらず美(ry

いや姫のレビューではなくてライヴのレビューでしたな。ははは。

出てきたかと思ったら、美也子さんはドラムセットに陣取り、菅沼さんギター、井筒さんピアノ・・・。

裏る*しろう type2 キタ━━━━━━m9(゚∀゚ )━━━━━━!!!!

この夏、百景でヨッシーとの活動期間が多かったせいか、美也子さんはヨッシーばりに叩きながら意味不明の歌を歌い、井筒さんはやけくそっぽいピアノ片手弾き。菅沼さんが一番普通ぽかったかな。
いやーしょっぱなから飛ばすねー(・∀・)イイヨイイヨ-

ポチャ同様、時間が限られているせいか、アルバムの曲を繋げて凄まじい勢いで弾き倒し・叩き倒し。
今宵のる*し は、いつもよりジャズ風味を強くしてお送りしておりまーす・・・みたいな。
前に見た新宿Live Freakの時は、すごくヘヴィロック風だったのが、今回はすごくジャズ。
ただ、単にジャズでは終わらないのもこのバンドの素敵なところ。
姫はすげーいい声でジャズ・ボーカルをはじめたと思ったら、「ナンデコーナルノー」という叫びと共にハードコアへ転換。いつものことながら、このブレ幅の大きさってば、ほんと彼女の最大の魅力ですねえ。
ブレ幅といえば井筒さんすごく真面目そうにジャズギター弾いてたと思ったらら突然フィードバックノイズ。生真面目な人が捨て鉢になったら怖ゎーいぞ、って。
菅沼さんは相変わらず大きな体を駆使して大魔神ドラム(なんだそりゃ)。でも、この人が底を支えてなかったらこのバンド、どうなることやら。
曲間に美也子さんが「かっちりしたバンドに挟まれた、ユルユルのバンドで・・・」みたいなことを言っていましたが、確かに徹頭徹尾(アドリブのように聴こえる部分もほぼ全部)譜面化されているポチャと、メカニカルでテクニカルなMSNに挟まれて、この自由奔放豪放磊落な、る*しろうの変態ミュージックは異彩を放っていたとも言えるかも。
ま、変態は変態なんですけどね。ポチャもる*しも、愛すべき変態。
特に今回のる*しろう、本当に楽しそう。汗水垂らして肉体労働しているポチャや、渋面でクールなステージングのMSNの両バンドとは、確かに対照的でした。
ステージを見ながら、こちらも自然と笑顔になっていました(←うーんよく考えたらニヤついてるってことか。キモイ)。
11月に山口に来るっていうんで、中国地方在住者としては万難を排して迎え撃つ所存。山陽道が先日の台風で一部通行止めですから、中国道で行くぞ、っと。
晩秋の山口で楽しいライヴを見られることを期待しつつ。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryogam.blog4.fc2.com/tb.php/24-7006c372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。