2009年05月

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サマーウォーズ 公式サイト
サマーウォーズ 公式ブログ

 吉祥寺に住んでいた頃、同じお店で飲んでいた、いわば飲み仲間でもある、細田守監督。
 前作『時をかける少女』(2006年)が、恐るべき高評価だったため、広く一般に名前が知られるようになり、現代日本において、最も次回作を嘱望されるアニメーション演出家の一人であると言っても過言ではないほどの重要な存在になった人なので、今更飲み仲間なんていうのは大変気が引けます。
 その細田監督の次回作が、いよいよ今年の夏に公開されることになりました。
 すでに劇場用特報がYouTubeにあがっていますので、貼っておきますね。

 エヴァ新作といい、今年は劇場用アニメが熱い夏になりそうです。

  

関連記事
スポンサーサイト

タグ : 日本映画 細田守 サマーウォーズ HOLIC アニメ

 このBlogの上↑のエリアでも告知してますし、公式サイトも今年版がオープンしています
 また、すでに今月初めには四種類のデザインのフライヤーも出来上がり、広島唯一のビアバー、アリスガーデン横のGolden Gardenで先行配布されているので、お店に行っている常連組のみなさんは詳細もご存じのことでしょう。
 昨年の同イベントは、傍目からみていると、お世辞抜きに大成功と言えるものだったと思います。
 自分でチケットを売った人たち全員と会場で話しましたが、みんなに楽しんで貰えていたと感じましたし、俺自身も、過去のどのビアフェスよりも楽しいものでしたから。いやビアフェスは基本楽しいものなんですが、楽しさと同時に疲れも感じるもので(なにしろオールスタンディングのイベントですから)、そのバランスが、JCBA主催のビアフェスの場合、年を経るごとに徐々に「疲れ」のほうが大きくなってきていたのも事実で。まぁその最大の原因は、客数の多さによるものだと思うんですが。
 で、昨年の広島フェスでは、そのあたりを考慮して、かなりチケット数を絞り込んでいたようです。むしろ絞り過ぎじゃないのかというくらいで。
 会場はかなり余裕があり、また、各ブルワリーのブースでサービングしているのが、基本的にそこのブルワリーのトップのブルワーさんだというのもあって、気になるブルワリーのブースではしっかりブルワーさんと話ができた、というのも嬉しいものでした。

 で、今年は昨年よりも入場者数は増やす方向みたいです。まぁこれはやっぱりか、という感じですが。確かに昨年は快適でしたが、イベントオーガナイザー側としては、来たいのに来れなかったお客さんが多くいたという事実にも目を向けなきゃいかん訳です。そのあたり、一介の客でありながら、オーガナイザー側の人たちを知る者としては、まぁ入場者数を増やす方向なのは、やむを得ないのかな、と思います。
 ただし、入場者を増やすだけでは、昨年に比べると(客の立場的には)マイナス面だけが出るわけで、そこはきっちりプラス面も補ってきています。それは・・・

 今年は参加ブルワリーが20社を予定、という点。

 あくまでも予定ですが、昨年の16社・2液種から、今年は20社になるということです。
 ということで、以下、現時点で参加が決定しているブルワリー17社を。

広島三次ベッケンビール *nice
広島呉 海軍さんの麦酒 *
広島HEIWAビール *
岡山吉備土手下麦酒 *nice
岡山独歩ビール *
岡山作州津山ビール *
鳥取大山Gビール *nice
島根出雲路ビール *nice
島根松江地ビールビアへるん *nice
茨城常陸野ネストビール
神奈川サンクトガーレンnice
山梨富士桜高原麦酒nice
愛知金しゃちビール初参加
三重伊勢角屋麦酒
愛媛梅錦ビール初参加
大阪箕面ビール
宮崎ひでじビール初参加
 ・・・と、こんな感じ。さっき書いたように、これに、予定ではあと3社ほど追加されるということです。
 見た感じだと、まず、茨城・神奈川があるのに、千葉がないですね。これはおおきな欠落と言えるので、まずは千葉からブルワリーを呼ん(ry

 ・・・ええ、個人的な希望はさておいて。

 イベントの公式サイトを見て、感じたことなど。

 何かが足らない。公式サイト。

 そう、参加ブルワリーの名前は書かれていますし、それぞれのブルワリーの公式サイトにもリンクが張られていますし、そのあたりはきっちりと基本を押さえてある、地方都市のビアフェスの公式サイトとしては例外的に立派なものだと思いますよ。
 でも、ブルワリーを個別に紹介する記述が、全然ないんですよね。まぁ、
「忙しくてんなこたぁやってられっかヴォケ!」
とか言われそうなので(って俺じゃないんだから福本さんは絶対そんな口のききかたしませんよ念のため)。でも富山のビアフェスなんかは、出展ブルワリーに書いてもらった簡単な自己紹介をBlog形式で紹介していたりもするんですね(→このあたりとか)。なんかもうちょっとやりようがないかいな、とは思う訳です。
 「入場料だけで、会場に行けば、色んなビールが飲める」
 それはその通り。昨年はそれでよかったかも。
 でも、今年は、さらにもう一つ上を狙ってほすいなぁ、と。
 当日来られるお客さんに、事前に参加ブルワリーや、そのブルワリーが作る(持ってくる)ビール、そしてブルワーさんの人物像などを事前情報として伝えることで、
「じゃあ当日行ったら、ここのブルワリーのビールを飲んでみたいな」
とか、
「へぇー、こんなビールがあるのか。ぜひ当日飲んでみたいな」
とか、
「ええ?こんな綺麗な人がビール作ってるのか。それはぜひ飲んでみたいな」
「ええ?こんな足が綺麗な人がビー(ry」

    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)

 ・・・どうでしょうかね。

「ビール通」もチェック!

そごう広島店
 広島の中心部、中区基町、所謂『紙屋町交差点』の北西の角に位置する、そごう広島店。
 ここの地下のお酒売り場とかお惣菜売り場は、野球シーズンには、旧広島市民球場に来る観戦客を相手に、結構な売上げをあげていたと思われるんですが、ご存じのとおり市民球場は現・MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島に移転。かくして、そごうの食料品売り場は最大の客層を失い、地下の売り場はオフシーズンに居ついていた閑古鳥が野球シーズンが開幕しても一向に立ち去らず、という状況でして・・・。
 で、この状況を打開するために、お酒売り場のビール担当氏が一念発起。近隣の市内大手百貨店にはない特色を打ち出すべく、なんと地ビールを入荷し始めました。

 ・・・というのは、Water DragonさんのBlogを読んで知っていたんで、これまでも何度か、そごうの地下で瓶ビールを買って、原爆ドームの対岸の川岸あたりで一杯やる、ことがあったんですが、18日(月)が久々の平日休みだったため、またそごうの地下に行きました。
 同じくWater DragonさんのBlogの『(株)イクスピアリの「春の小麦ビール Hefe Weizen」』を読んで、
「お、まだハーヴェストムーンのシーズナルヴァイツェンにありつけるぞ」
とばかり、まずはそのハーヴェストムーンの「春の小麦ビール」と、あと一本何にしようかなー?と迷っていると、売り場のビール仕入担当者とおぼしきお兄ちゃんが近付いて話しかけられました。おそらく延々と地ビールの前で、あれでもない、これでもないと迷ってるのを見て、こいつは地ビールにそこそこ詳しい香具師だな、と思われたんでしょう。
 で、品揃えや売り方に関しての話になったので、失礼ながら忌憚のない意見をいくつか出してきました。えー、あくまでも素人ビールヲタの意見なんであれですが。
 たとえば今回行ってみると、なんか地ビールが減って、かわりに輸入ビールが入ってたりして、ちょっと売り場のコンセプトにブレが感じられるとか、地ビールにしても、ただブルワリーごとに漫然と並べているだけで、これでは普通のお客さんはビールのスタイルすらも見分けられないだろうとか、陳列ケースが狭いなら狭いなりに、扱うビールを季節ごとにスタイルで絞り込むとか、やっぱりバスセンター隣接でお土産ビールを買われる客層は逃すべきじゃないから、三次ベッケンビールや呉の海軍さんの麦酒なんかは外すべきじゃないとか、まぁ忌憚の無さすぎることも言った気がしますが。

 若い担当者さんなので、いろいろ思うとおりにならない部分もあるかとは思うけれど、実際、いままで広島で店頭でクラフトビールが買えるお店ってほとんどなかった訳で、これからもがんばってほしいものです。
 と同時に、広島在住のビアヲタ諸氏は、Water Dragonさんも書かれているとおり、どんどん、そごうでクラフトビールを買いましょう。

 まぁそういう訳で、「春の小麦ビール」と、もう一本をじっくり選ぶつもりが、つい長話になったので、もうあまり考えず、結局、俺自身にとっての定番中の定番、サンクトガーレンのゴールデンエールをチョイス。
 そして地下二階のお惣菜売り場で、手羽先と、ポテトのガーリック和えローズマリー風味をゲットして、そのまま地下街シャレオにあるジュピターへ。
 ジュピターでは、ティマーマンのブランシェというランビックをゲット。これ、吉祥寺にいたころHOLICで飲んでファンになったビールで、割と珍しい、小麦主体のランビックです。けっこう面白いビールを置いてるじゃん、シャレオのジュピター。新幹線口のジュピターとはえらく違うねww

園田さんのふくらはぎぃー! (;゚∀゚)=3ハァハァ で、本川の土手で落ち着いて、まず飲んだのは、ハーヴェストムーンの「春の小麦ビール」。
 瓶でGolden Gardenに入ったのは飲んだことがありましたが、明るい陽の光の下で見ると、なるほどWater Dragonさんの言うとおり、ヘフェ・ヴァイツェンというよりもクリスタル・ヴァイツェンと言ったほうがいい透明度の高さ。完全に濾過してないにしても、通常のヘフェ・ヴァイツェンよりは酵母を減らしてるんでしょうか。春らしくクリアな見た目で爽やかさを狙ったんですかね。
 香りはしっかりバナナを感じられるものの、酸味が他のメジャーどころのヴァイツェンに比して強く、小麦っぽい甘みより強いかも。そしてこの少しの酸味が、見た目の透明感と相まって、この季節に屋外で飲むにはいい感じですた。
 そしてこれを造ってるブルワー、園田さんの脚を思い浮かべながら飲む、と。(;´Д`)ハァハァ
・・・取り乱しますたサーセンwww

こちらは王道、ゴールデンエール 続いてサンクトガーレンのゴールデンエール。俺にとっては定番中の定番。アメリカンスタイルのペールエールでは、やっぱり今でもこれが一番好きかも。
 というか、俺自身はこれを飲んで、本格的にクラフトビールにハマったといってもいい訳で、何を飲もうか迷った場合はこれ、と。
 そごうにこれがあと一本しか残ってなかったのが気になりますが。
 岩本さん、広島フェスにはぜひこれを持ってきてほしいな、と。
 こんなところで書いても読んでる訳ぁないんでアレですが。
 カスケードの強い柑橘風味と、適度の苦味(「適度」ってのが重要。どうも最近のIPAブームで、苦味が強いビールがたくさん世に出てきましたが、それらの大半は、苦みの強烈さに必然性が感じられないのがどうも、ね)。
ティマーマンのブランシェ。まるでヨーグルトビール。 最後にティマーマンのブランシェ。
 普通のグーズ・ランビックに比べると、酸味の方向性が違うというか、いかにもランビックらしい、刺すような酸味とはちょっとちがう、まろやかな酸味は、小麦のビールらしい見た目の白さと相まって、まるで乳酸飲料か、食べやすいナチュラルヨーグルトみたいな感じ。
 香りもランビック独特の強い癖が感じられず、ランビック初心者にもお勧め、というよりも、ビール天動説信奉者にこそ飲ませたい、おもしろいビールです。
 で、実は同じティマーマンのファロもあったんですよ、ジュピターに。これは飲んだことがないので、また今度飲もう。

 そうそう、ビール天動説で思い出したんですが、Blogの右→にあるリンク一覧を整理してて、先日、猫背さんのBlog『こいつぁんまい~猫背的麦酒録』にコメントを入れていたので見に行ったら、フラワーで一緒に飲んだことを覚えて貰えていたようで、嬉しい次第です。
 あと、フラワーつながりで、ほそおかさんのBlogも見に行ったんですよ。そしたら5月4日のエントリで俺のことが書かれていてびっくりしました。

 そしてついでにw、ビール部のBlogもリンクに加えるべく、ちょっと見に行ってみたら、なんと、じゃっきー(ひらがな表記だったんだ、初めて知ったよ)がビール部に入ってるよ!しかも、およそじゃっきーらしからぬ文体でなんやかんや書いてるし!
 でもな、それまでのエントリで発泡酒とか第三のビールとかハイネケンのエキストラコールドとかが書いてある中に、
『ちなみに今一番好きなビールはキャスティールブリューンです。』
とか書いてるし!最初からキャスティールかよ!
 けしからん!

 ・・・いいぞもっとやれ!

Tags :

「ビール通」もチェック!

 広島市内に一番人口が増えるのはゴールデンウィーク。

 ということで、全国のゴールデンウィークの人出ランキングで常にトップ3のあたりに名前が出るお祭り、フラワーフェスティバル(FF)。
 毎年、中国地方のブルワリーがいくつか合同でブースを出していて、地ビールのケグが楽しめます。今年ももちろん行きました。
 去年までと違うのは、去年以上にGolden Garden(GG)に入り浸っていること、その結果として三次ベッケンビールのブルワーである志村さんや、大山GビールのブルワーであるHIDEさん、松江ビアへるんのブルワーである矢野さんなど、出展ブルワリーのブルワーさんたちの顔を覚えてしまっていること(まぁその、こちらが一方的に、ですが)。
 そう、このお祭りには、それらの醸造責任者の人たちが来てサービングしてくれるんですね。まさにプチビアフェス状態。
 自宅を出て、天満町の『出雲そば いいづか』で蕎麦をいただいた後、天満川の西から徒歩で100m道路に沿って東へ向かいました。平和公園から鶴見橋までの100m道路とその周辺一帯が会場で、地ビールのブースはどちらかというと会場の中でも東寄りの方。具体的には並木通りと中央通りの間の100mの北側、東急インの斜め前あたりです。つまりは会場の約2/3を歩いて渡る必要があったんですが、これが初日だけあってものすごい人、人、人。いやぁ今までFFは二日目とか三日目しか行ったことがなかったことに今更ながら気がつきました。初日なめたらあかん。

 というわけで、本当は13時頃には到着している予定だったのが、ブースに着いたのは14時過ぎ。見込みより一時間も遅れたよ。ちぇ。
 事前にmixiのメッセで、現地で落ち合うことにしていたGG常連のKさんも先に到着されていて、二人で話しているとGGマスターとNさん夫妻も来られ、夜しか見ない顔ぶれとお天道様の下でご挨拶。

 まずは、お目当ての、大山Gビールの『八郷』のケグを一杯。これ、この冬の限定で、もう最後の樽とかいう噂だったんで、是非飲みたかったんですよ。実はブースに到着するまでの人混みの中でもたつく間になくなってたらどうしようかと焦ってたんですが、まぁそこまで心配することもなかったようで。瓶はGGで飲んだんですが、樽は飲み損ねていただけに感慨もひとしお。
 アベイ酵母を使って、しかも酒米「山田錦」を使っているという面白い成り立ちのビールですが、そういうネタ的な面白さとは別で、普通においしい。確かに日本酒的な麹のアロマが感じられますが、それがビールの本来の味を損なうほど強くもなく、アベイ酵母というよりヴァイツェン的なエステル香に由来する?甘さと相まって、なんとも言えないいい感じのビールです。また来年これが飲めるのが楽しみ。
 続いて三次ベッケンビールの『デュンケルヴァイツェンボック』。こちらは4月の限定醸造。
 ベッケンビールのヴァイツェンは国内でもトップクラスだと思ってるんですが、まぁ個人的には断トツのトップは富士桜高原のヴァイツェンで、それに次ぐんではないかと常々思ってたところに、この春の限定で出た三次のヴァイツェンボックがむちゃくちゃ美味しかったのが強烈に印象に残ってたので、あの美味しさふたたび、という感じですね。実はGGでは何度か樽で飲んでたんで、『八郷』ほどにはレア度は高くなかったんですが、でも美味いもんは美味い
 しかし、駆けつけ二杯がどちらも7%オーバーのハイアルコールビールなんで、いくら蕎麦が腹に入っているとはいえ、結構堪えました。'`,、('∀`) '`,、 中国地区が誇るトップブルワー二名が揃い踏み
 ブースの接客が落ち着いている時は、飲んでる横に志村さんやHIDEさんたちが付きっきりで、それらのビール造りに関するいろんなお話をしてくれて、クラフトビールヲタとしてはこれ以上ないという最高のシチュエーション。某協会主催の三都市のビアフェスだと、お客さんが多すぎでこうはいかない。いやぁ最高

 お目当ての二銘柄以外で印象深かったのは、岡山の独歩ビールの限定。イチゴ果汁をふんだんに使った、というんで、独歩のいつものフルーツビール(フルーツのアロマ過多かつ甘さが強いジュース系)を想像してたら、これが見事なまでにナチュラルにおいしいビール。イチゴっぽさはさほど強くなく、むしろランビックのような強めの酸味があり、聞けばこの酸味は純粋にイチゴ果汁に由来するものだとか。フルーツビールとしては、ここの桃やマスカットとは正直レベルが違うと感じました。また飲みたいな。

 ところで、ブルワーさんたち以外にも、いろいろ面白い出会いがありました。
 まずは地ビール界の重鎮ほそおかさん。お顔はしょっちゅう色んなビアフェスでお見かけしていたんですが、今回初めて直接お話しをさせていただきました。大阪の食博に来たついでに広島まで足を延ばされたとか。俺はてっきり福岡のオクトーバーフェスに来たついでかと・・・
 そして、個人的にブログをずっと楽しみに読んでいて、何度か広島でニアミスしていることは知っていたんですが、実際にお会いしたのは初めてだった猫背さん。猫背さんの造語「麦酒天動説」(ビールは金色で苦いものだ)というのが気に入って、しょっちゅう日常会話(無論、飲みの席での)で使ってる者としては、ご本人に直接お会いできてかなり感激しました。ブログの文体からして、正直、俺より年上のおじさんを勝手に想像してたんですが(失礼な!)、実際は若いイケメンでびっくりしました。
 そして大阪のBeer Bellyの常連さんで、連休を使って呉の実家に里帰りしたついでに来られたというEさん。妙に意気投合して、FFの会場が終わったあとは、そのままGGへ拉致してしまいました。
 他にもうっしーさん、ビール部部長などGG常連組数名と一緒に、休み前のGGへ。GGではジャッキーさん、M先生ら他の常連組も先着で飲まれてて、そんなビジター状態でも難なくその中に溶け込んでたEさんはすばらしい。
 飲んでると志村さんたちブルワーさん御一行も来られて、何がなんだかわからない状態でした。

 二日目もお昼過ぎに地ビールブースへ。
 二日目は二日目で、初日にはいなかった常連さんたちとお会いできて、また楽しく飲めました。
 二日間、ずっとクラフトビールを飲み続けてた訳ですが、大山の『八郷』が切れて、次に出てきたのが、これまた限定の『アメリカンIPA』。これがまた美味いのなんのって。あんなにモルト由来の甘さがあるのがIPAと名乗っていいのかというのはあるけれど、甘みと同時にホップの強い苦みもしっかり感じられて、そのバランスが絶妙。そしてこれもハイアルコール。そうそう、苦みとバランスを取っている甘みには、モルト由来のものとは別に、ハイアルコールに由来する甘さもあったように思いますたね。

(おまけ)
部長更迭の証拠写真 議長!
 ビール部の部長が日本酒を飲んでいる現場を押さえますた!!
 なんでも某情報筋によると、呉みなと祭りに行った時も、地ビールブースの前で堂々と千福を飲んでた(しかもビール部のTシャツを着て)らしいですが!しかもそのことをブログでは一切書いていません!ここ広島でも同じことを!
 これはさすがに更迭もんでしょう!!!かわりの部長はジャッキーということでいいんではないでしょうか!!!
部長「いや、これは八郷の日本酒ですよ!ほら、ビールの八郷とこうやって飲み比べをするためにですね!」

「ビール通」もチェック!

 4月12日の日曜日は、中区アリスガーデン横にあるビアバーGolden Garden(以下GG)主催「バスで地ビールレストランに行って現地で飲もうシリーズ」第三弾(すみませんそんな名前ついてません)で、岡山県の吉備土手下麦酒へ。
 当日は朝10時に広島駅新幹線口のバスターミナルを出発。今回は総勢24人程度。
 出発前、バスの中で飲むものを物色しにコンビニへ行こうとしましたが、広島で最初にできたビール友達であり、いまやGGの飲み友達でもあるWater Dragonさんの・・・
「コンビニよりも、中のジュピターのほうが面白いビールけっこう置いてますよ」
・・・悪魔のようなアドバイスですなぁ・・・
 そのアドバイスに従って、常連Kさんと一緒にジュピターで輸入ビールを購入。俺はライオンスタウトで有名なスリランカのブルワリー、ライオンブルワリーが出している「ライオンラガー」。
 バスの中で飲んでみましたが、あの濃厚でどっしりした甘さと高いアルコール感が独自の個性を醸し出しているライオンスタウトを作っているブルワリーが出した製品とは思えない、よくいえば飲みやすいピルスナー、悪くいえば没個性な、うーん。。。。微妙。

 バスの中では例によってビール好きな者同士でおもしろおかしくビールの話やそれ以外の話で盛り上がり、あっという間の片道二時間ちょっとでした。今回はバスの前の方には、おとなしく行きたい人、後ろの方には騒々しい連中をあつめたようでして、Water Dragonさんも俺もKさんもなぜかみんな後ろ。納得いかん。ん?
吉備土手下麦酒
 現地に着くと、なるほど土手の下にある。しかもすぐ隣が民家。というか、集落と土手の間のほんの小さなスペースに、外見が蔵のような小さな建物。
 そして日曜の昼下がりに、近所の人たちが集まって飲みながら談笑している、という、同ブルワリーのサイトに書かれているコンセプト通りの光景が目の前に繰り広げられてるのに感心したり驚いたり。なにしろ、我々のような集団客が観光バスで乗り付けるのが不自然なほど、地元というか地域密着の小さなビアレストランで、まさに『普段飲み場』という言葉がしっくりくるような雰囲気。
 なんというか、地ビールの、一つのあるべき姿というか正解を見たような気がしました。いろんな地ビール、いろんなブルワリー、いろんなビアレストランがあって良いと思うけど、これはそんな中でも正解の一つかなあ。無論、国内外のコンペに出品して賞を取るだとか、大きなビアフェスに出して全国のビール党に知名度を広げて通販で売るとか、バレンタイン商戦に巧みなメディア戦略を仕掛けるとかいうのも、ありですよ。それはそれで正解なんでいいんですけど、そういうのとは違う「ありかた」も素晴らしいなあ。

ブルワーさんは「麦酒翁」と自称されています ここのブルワーさんは、ブルワーとかブルーマイスターとか名乗らずに、「翁」と自称されています。
 この日は←こういった感じでしたが、昨年の広島ビアフェスでは、作務衣を着て来られて、まさに「翁」。いや、なにかこう、「麦酒道」を追求する求道者的な雰囲気も出されており、ちょっと近寄りがたいような渋さがあったんですが、実際お話してみると、すごく優しく丁寧に、しかも熱心に、ビールの味や香り、製法について話していただきました。
 この日も、新たなビールを造っているお話とか、試作のビールのそのまた工程の途中でできたものを試飲させていただいたりとか(←の写真で手に持たれている、ラベルの貼られていない瓶がそれです)、ビール専門バーから団体客が来たということもあってか、熱くそして詳しく、ビールについて語っておられたのが印象的でした。
 年齢的には、日本のブルワーさんの平均年齢よりも若干上な感じですが、その独創的な発想と、作り上げたビールの数々は、決して他のメジャーどころにも引けを取っていないところがまたいい。コンセプトとかビアレストランの立地とかだけじゃなく、実際にビールがうまい!!!という点が重要なポイントですね。

 飲んだのは、「御崎(ミディアム)」、「香りの麦」、「ちゃいろの麦」、「吉備の烏」、「縁(ビター)」、そして、限定醸造で単価も高いはずのバーレイワインまで飲ませていただきましたが、俺は個人的には「香りの麦」の文字通り香りにやられました。麦と麦芽とホップだけで、副原料としてのスパイスや柑橘系の果汁などは一切使っていないにも関わらず、すごく柑橘系のアロマが強く、思わず「翁」に、副原料として柑橘系を使っていないことを再確認してしまいました。ご自身で「ホップ三段仕込み」と言われていましたが、独自のアロマホップの使い方によって強いカスケード香を出されているようでした。
 いやほんと、サンクトガーレンの「湘南ゴールド」などの柑橘系のフルーツビールにも負けない、どころか、もっと柑橘アロマが強いと思いますた。

 当日は、現地で(!)プロポーズしたカップルとか、翌週の日曜日に彼女のお父さんに挨拶に行くカップルとか、もうじき彼女と共同生活が始まる男性とか、いろいろおめでたい話もあり、参加者みんなが幸せのお裾分けに預かった感じで、みんな楽しく飲んで、最後は岡山市内経由で帰ってきました。

 いいかげん出来上がった状態で岡山のど真ん中に放流された24人の酔っ払い広島人の集団が、岡山の皆様方にご迷惑をお掛けしたかどうかは神のみぞ知る話。
 まあそれはそれとして、本当にそれも含めて楽しい一日でした。同好の士が集まって、みんなでどこかに行くというのは楽しいねえ。

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。