2005年02月

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初期MAGMAのメンバーであり、その後フランスのジャズ・ロック界を代表するバンドであるZAOを結成、近年そのZAOを再結成させて日本ツアーなどもやったヨシコ・セファー(saxophone)とファトン・カーン(piano)が、二人で来日しました。
なんと筆者の地元である吉祥寺で3日間、それぞれテーマを変えてライヴをやるというので、こりゃ通い詰めてやろうと思ってよく見ると・・・
各日 前売5000円 当日5500円 通し券13500円(優先入場)各ドリンク別
  / ゚/ ゚
( Д ) ピュー

た、高い。高いよ・・・三日で13,500円・・・。
ということでもう一度三日間の各日のテーマを吟味。一日目がClassical、二日目がAcoustic、三日目がHeavy&Jazzy。
はい、三日目で決まりですね。よしこさんとカーンの二人のアンサンブルが堪能できそうだし。(初日はよしこさん、二日目はカーンがメインっぽい)
正直、二日目にERAと共演、という部分にもかなり惹かれたんですが、考えてみたらついこの前、江古田のフライング・ティーポットでERAのライヴを堪能したばっかりだったので、今回はパス。三日目の共演バンドが是巨人なので、ERAでのアコースティックでストイックな感じの鬼怒無月(きど なつき と読みます)とはまた違った、ハイパーテクニカルエレクトリックインプロヴァイズな、エレキギターの鬼怒さんが見られるという期待感も。
何より、是巨人ですよ。彼らのCDを聴いたときから、とにかくライヴで聴きたい、見たいと思っていたので、よしこさんやカーンを見に行くよりも是巨人を見に行くのがメインであるかのような気持ちでした。

当日はちょっと早い目に吉祥寺へ出て、ハーモニカ横丁で遅めの昼食をとったあと、買い物をして、井の頭公園のストリートミュージシャンなどをみながら時間潰し。天気が良くて冬にしては暖かかったせいか、結構な人出でした。
そろそろ歩き疲れたかなという頃合、時計を見ると、間もなく開場の時間なので、ライヴ会場のMANDA-LA2へ。おお、もう一目見てそれと判る客の集団が、短いながらも列を作って入場待ち。
どいちゃんとマンダラ2

[ヨシコ・セファー/ファトン・カーン 来日公演]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
2/8(火)
新宿Live Freakにて。
イベントのメインはチェコから来日したSABOT(ベースとドラムのDuo)でしたが、個人的にはる*しろうが目当て。あともう一つ、日本のMANDOGというバンドも出ていました。

る*しろう
このLive Freakというライヴハウスは、かの有名なJazz Club、新宿Pit Innと同じビル(フロアも同じく地下)にあるんですが、とにかく新宿駅から遠い。新宿東口から新宿通りを東へ東へ歩いて、伊勢丹越えて世界堂越えて、周囲の建物の高さが一気に低くなる新宿二丁目までひたすら歩いて、周囲の雰囲気もいささか繁華街臭が薄れてくるあたりまで来てやっと到着、というロケーション。
明治通りを走る「渋谷~池袋駅」間を結ぶバス路線があり、新宿東部へのアクセスにはJRを使うよりよほど便利なので、今回もそれを利用。

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。