Djamra

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、演奏時間より長いMCを交えつつのスーパーエレキングのステージが終わり、次なる登場は、Djamraです。
Djamra

実は彼らのアルバム『Transplantation』は聴いたことがあり、ジャズロックとしか言いようの無い(つまり「フュージョン」ではない)彼らを生で聴けるというのは、たとえ今回のイベントの趣旨が る*し であろうとも、楽しみでもありました。

結論から言うとスーパーエレキングと同様、彼らも至極まともなバンドであり、どこがどう「ヘンタイ」なのですくぁ?といった感じでした。
そのあたり、10月のツチノコ祭りの時に、Machine and the Synergetic Nutsに感じたのと同じことを感じました。

あの時はテクニカル、メカニカルで、かなり硬質な感じのするMSNが、かなり変なツチノコ系の2バンド(ポチャカイテ・マルコと る*しろう)との対バン(というかツチノコのイベントだったのでゲストというべきか)だったので、とってもかっこいい音楽をやっているにも関わらず、「おもしろさ」という点で割を食っていたように感じました。

[All Japan Hentai-GIG '05 Live(3)]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

タグ : Djamra 基地外ジャズ

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。