Asturias

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月15日(土)から三日に亘り、プログレ・オールスターズなるイベントが、沼袋のサンクチュアリというライヴハウスで行なわれました。
俺が行ったのは15日、「Outer Progressive」と名づけられた日。
出演は、Pochakaite Malko(ポチャカイテ・マルコ)Asturias(アストゥーリアス)。←※リンク先は音がでます注意!ってかほんとはリンクはこっちのほうがいいかも。

実は、このイベントに行くか、それとも7/23の初台DoorsでのKBBの凱旋公演に行くか、悩んでたんですが、翌日のERAも見られるという点と、もう一つ、久々にアストゥーリアス、しかも新メンバーのお披露目があるということで、この週末を選んだわけです。

アコースティック編成のアストゥーリアスが活動するきっかけになったともいえる、ヴァイオリンの北辻みささんですが、こちらにあるとおり、正式に脱退となったようで、個人的には残念なことです。
北辻さんと、ピンチヒッター役の藤本さんが競演することになった吉祥寺SPCでのライヴについては、このblogでも以前に取り上げましたが、残念ながら藤本さんと北辻さんのプレイヤーとしての力量差をまざまざと見せ付けられたものになり、結果として藤本入りアストゥーリアスへの興味が徐々に無くなるきっかけにもなったものでした。
そのエントリにも書いたとおり、バンドという形態をとっていたとしても、あくまでもアストゥーリアスはリーダーでもある大山曜さんのユニットであることから、よほど人前に出せないようなミュージシャンでも起用しない限りは、一人のプレイヤーが変わったくらいでは、音楽性や魅力が激変するものでもないんですね。
事実、藤本入りアストゥーリアスも、『大山プロジェクト』として必要にして十分以上の魅力は持っていたんでしょうが、如何せん、北辻さんのプレイヤーとしての力量が、あまりにも桁外れだったのが、俺にとってはよろしくなかったようで。

そんな訳で、北辻さんの処遇について明言されないまま、藤本入りアストゥーリアスが海外や国内でライヴを重ねているのを横目に見ながらも、徐々にこのバンドへの興味が薄れていくのを寂しく感じていたのが、ここへきて北辻さん脱退と藤本さんの代打終了が公式にアナウンスされたのを知り、新しいヴァイオリニストを加えたこのバンドがどのような変化を見せるのか、というよりも、自分自身のアストゥーリアスへのリハビリ(←大袈裟)のつもりで見に行ったという感じでした。

結論から言うと、新しいヴァイオリニスト、伊藤恭子さん。

[プログレ・オールスターズ (1) ~ Asturias ~]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

タグ : Asturias プログレ・オールスター 北辻みさ 筒井香織 川越好博 大山曜 伊藤恭子 プログレ 中央線系音楽

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。