立岩潤三

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アコースティック編成(といっても実際はピアノはプラグドだし、他の楽器もアンプを通していましたがね)のアストゥーリアスに続いて、ポチャカイテ・マルコ登場です。
新作が出るわけでもないので、新曲もあるわけじゃない・・・と思ってたんですが、新曲が結構聴けました。
いや、東京から離れて一年、何度かライヴを聴きに戻ってはいるものの、観戦件数が減ったため、単に曲を知らないだけで、実は新曲でもなんでもなかったりして・・・

一番おもしろそうだったのは、bassの桑原重和さんのペンによる、『関節リウマチ』w
MCがまた面白くて、

[プログレ・オールスターズ (2) ~ Pochakaite Malko ~]の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト

タグ : ポチャカイテ・マルコ 壺井彰久 荻野和夫 桑原重和 立岩潤三 プログレ

Pochakaite Malko

ポチャカイテ・マルコのライヴは3月のシルエレ以来。あの時はファンタスマゴリアとのカップリング(というか実質的にあっちが前座)でしたけど、今回は3バンドの対バンで、あろうことか一番最初にポチャが登場です。
3バンドということで、1つあたりの持ち時間が短いということもあってか、飛ばす飛ばす。
あの超絶技巧複雑怪奇な曲が多数収録されているセカンドアルバムからの曲を、メドレー形式でインターバルなしに立て続けにドバッと一気に
それで疲れたのか、いつもの荻野さんと壷井さんのおとぼけ(グダグダ)MCの掛け合いも殆ど無し。
(余談ですが、壷井さんのMCは、相方があるほうが冴えます。荻野さんであれ鬼怒さんであれ。)
壷井さんのエフェクターの数も、ずいぶん控え目でした。やっぱりセッティングと撤収の時間を考えると、極力シンプルにせざるを得なかったというところでしょうかね。

前回のシルエレの時もそうでしたが、今回も特に感じたのは、ポチャの音楽って、基本的に豪華なんですよね。
だから、今回のようにシンプルな4ピースバンドでそれをライヴで再現するのは、無理がある。
今まで見たポチャのライヴは4回ですが、江古田でやった通称『壷井祭』(KBBとポチャの対バン)の時は、鬼怒さんや美也子さんがゲストで参戦してました。
同じく江古田でやったセカンドアルバムのレコ発LIVEの時は、ドラムの立岩さんのコネで参加していたアラブ系音楽のパーカッションの人たち(なんでもその道の大家らしいっす)や、ベリーダンスのアルミステルミスの参加などもありました。
どちらもお祭り的な色彩の濃いイベントということもあって、多くのゲスト参加があり、音のほうもそれだけ豪華で厚くなっており、音を重ねたスタジオ版に劣らないものが聴けました。
しかしながら、正規メンバーの4人だけになると、どれだけ彼らがハイテクで一人当たりの音数が極端に多くても(w、スタジオ版ポチャの持つ音数を再現するのは困難でしょう。

そんなわけで今回のライヴは(シルエレの時同様)かなりロックバンド的な色彩が濃いものになっていました。
ベースの桑原さんもジェスロ・タルのツアーTシャツ着てましたし(関係ねーか)、今回のポチャはストレートなロックで勝負、という感じでしたね。
そうは言っても、何も知らない人が聞くと「こんなロックバンドあるかよ」みたいな音なんですけどね。
はっきり言って、今回のライヴに備えてiPodでセカンドを聴きまくっていた身からすれば、そんな訳で曲数・音数(w、変態度(w的には、ちょっと食い足りないところもありましたが、それでもスタンディングで変拍子に合わせてかぶりつきで頭を振るのは楽しかったなあ。
立って聴くプログレは桜庭統以来でしたが、あの時は単に疲れただけでいい思い出はないんですけど、立って踊って聴くポチャは意外と体育会系でよかったなあ。

とりあえず、彼らに関しては、ワンマンで見たい。腹いっぱい堪能したい。広島に来てください!・・・って無理でつかそうでつか。

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。