現人神

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まぁ、何回目だよ、という気もしないでもないですが。
 マイミクaさんのblogで知りました。

エマーソン、レイク&パーマーが再結成!2010年7月に復活ライヴを開催

(CDJounal.com)


 公式サイトにも。
Stop Press

(Emerson Lake & Palmer 公式サイト)

 要するに、来年7月26日(日)に「High Voltage Festival」なるクラシックロックのイヴェントがロンドンで行われ、そのヘッドライナーとして再結成したEL&Pが出演する、みたいな。

1970年にワイト島でEL&Pがベールを脱いでから40年の節目の年に復活、と騒いでいますが、パウエル時代を含めて三度目の再結成。この人たちだけは年を重ねても性格はぜんぜん丸くなってないっぽいので、どうせ長続きしないだろうけど。ていうか、イヴェントのための一夜だけの再結成なら、それも問題ないのか。

 ただ、公式サイトのニュース記事にも名前が出ているClassic Rock Magazineのサイトで彼らの名前を検索すると、今年の夏のカールのインタビュー記事が出てきて、その中で
「キースは35分から40分以上のセットリストになると演奏できないよ」
とか言ってるんですが…
 その記事のタイトルが「キース・エマーソンはウェンブリースタジアム級のサイズのエゴの持ち主だよwww」というのがおもろい。いや「www」はついてないですけど意訳とゆーことで。

 エマー尊師の前回の来日(彼の名前のバンドでの来日)は見に行き損ねましたが、その前の来日では感涙にむせび泣いた身でどうこう言うのもあれですが、手の手術以降、完全体への復活はもう望むべくもないのかと思うと、「無理スンナ」といいたくもなります>エマー尊師。

 いや、もし長続きしてくれれば、うまくすれば来日も…とか考えてしまいますし、もし駄目でも、新作は出してくれないかな…とか。
そのカールのインタビュー記事の中でも、キースとグレッグが一緒に曲作りその他やっている、とか書いてあるし。

 さて、どうなることやら。

関連記事
スポンサーサイト

タグ : EL&P キース・エマーソン グレッグ・レイク カール・パーマー プログレ 再結成 現人神

 昨年秋にはテリー・ボジオ大先生を招聘、ソロ・ドラム・ツアーを慣行した、&Forest Musicですが、そのボジオ大先生のソロ公演と同じ、『Jazz Rock Super Drummer Series』の一環で、今度はサイモン・フィリップスが来日。しかも、今回のツアーは、広島公演がちゃんとある、と!素晴らしい!しかも、5月27日って俺休みの日じゃん!

 という訳で聴きに行きますた広島Quattro。いやあ、昨年のボジオ先生の要塞セットを見た後だと、至って普通のドラムセットに見えますサイモンさんのセット。とはいっても、普通のドラムセットに比べりゃずいぶん大きいんですがね。
 今回は、1989年に発売されたサイモンさんのファースト・ソロ・アルバム『Protocol』の名を冠したツアーで、ソロ名義ではありますが、実際は自身のリーダーバンドを率いてのツアー。
 会場では、その『Protocol』の、今回のツアー会場限定、しかも新たにボーナストラック収録、というのが売られていました。早速購入し、終演後にはサインも貰っちゃいましたテヘヘ。

 今回のバンドメンバーは、

  • Simon Phillips (ds)
  • Andy Timmons (g)
  • Steve Weingart (key)
  • Everette Harp (sax)
  • Del Atkins (b)
 サイモンさん以外のメンバーは無知にして知ってる人が皆無。Steve Weingartだけは、どこかで名前を見たことがあるようなないような。
 サイモンさんはすごく小柄で、いったいあの小さな体のどこにあのパワーがあるんだ、という感じでした。
 結構飄々としたキャラで、カンペを見ながら日本語のMCを聞かせてくれたりもしました。ステージ上でも演奏時とそれ以外、そして演奏中でも、緊張とリラックスをうまく織り交ぜながら、時には激烈なインタープレイの応酬、時には笑いながらの掛け合い、という感じで、このあたり、ステージ上では飽くまでも求道者的にストイックさを感じさせていたボジオ大先生とは対照的でしたね。若い頃はボジオ大先生はザッパバンドでのブリーフ一丁でのステージだの、ミッシングパーソンズでの今で言うビジュアル系的なこってりメイクだのと、およそ「ストイック」なんて言葉が似合うとは思えない弾けっぷりだったんですがね。
 楽曲は、ジャズ・ロックというよりも、耳ざわりのいい西海岸風フュージョン。自身以外みんなアメリカ人、というところからも、こういう音楽になることはある程度想定の範囲内。
 ただし、音楽はフュージョンでも、ほぼ全曲で何かしらのポリリズムや変拍子が使われてるあたりがドラマーのリーダーバンドらしいっちゃらしい。サイモンさんの、まるで完成度の高い振り付けを見ているかのようなタム回しと、通常のバンドサウンドより少々かなり音圧が高いと感じるドラムの音に激燃えでした。テクニカルなフュージョンサウンドをやっていようが、やっぱりサイモンさんはロック・ドラマー。

要塞(の、一部) ・・・何の、って、ドラムじゃん。見ればわかる、て。

 今年2月のOUT TRIOでの来日以降、ほとんど間を置かずに再来日した現人神テリー・ボジオ大先生
 OUT TRIO来日時は見に行きたかったにも関わらず、仕事の都合がつかず断念し
「嗚呼、今回を逃すと次に来日するのはいつになることやら・・・」
            ∧_∧
          ( ´Д⊂ヽ
          ⊂    ノ
           人  Y
          し (_)
と悲嘆にくれたものですが、一月の公演がよほど客の入りが良かったのか、同じ呼び屋さんにより再来日。しかも今回は待望の『ソロ・ドラム・ツアー』ですぜ。
 いやぁ世界広しといえども、ドラムのソロ演奏だけで7,000円の入場料を取れるドラマーはそうそういますまい。

 ということで今回は万全の状態で神に会うべく、会社の休暇を来日時期に合わせて取得。問題は福岡、大阪、名古屋、東京、仙台とある公演を、どこで観るか。まぁ広島から最寄というと福岡になるんですが、来日直後ということで、大先生のコンディションを考えると避けたほうがいいかと。仙台は遠すぎるからこれも候補から外し、残るは大阪・名古屋・東京です。
 最初は、東京公演に合わせて東京に行って、その前か後ろで久々に東京の友達とも遊んだり買い物したりしようかとも考えたんですが、休みの序盤で衝動的に栃木まで遠征することになり、その帰途で東京に一泊。さすがに一週間で二回も東京に行くのはいかがなものか、というのが一点。もう一点は、この週末に岡山でスポーツカー耐久レースのお葬式があるんで、それに参列するとなると、同時期に東京はまず無理。
そもそも栃木遠征そのものが衝動的なものだったということからして、年に一回の年次長期休暇にしては計画性がないなあと我ながら呆るんですが、まぁ仕事じゃあないんだし、てきとーでいいんですよ。

 んでまぁ結局は名古屋に行くことになった訳で、それにしても、広島~名古屋の間は一週間で二回も往復したことになります。あぁ不経済。なんというか、日本の中心から外れたところに住むのはいろいろと大変だなぁと今更ながら感じた次第ですね。

 で、名古屋。行きはのぞみ、帰りは高速バスという強行軍で行ってきましたボトムライン
 入場するなりステージのど真ん中にそびえ立つくろがねの城・・・じゃなくて、要塞ドラムセット。ずらりと並んだバスドラは合計7台(!)その上には、ステージから見て右側から真ん中にかけてはメロディック・タムがずらーりと。左側は主にシンバル系、斜め後ろにはクロテイルが所狭しと並べられ、背面にはこれもところ狭しとチャイナゴングが大小取り混ぜてぶら下げられています。まーそのセットの壮大にして複雑なこと。

 客席を見渡すと、40代の堅気のサラリーマン風情や、あきらかに音楽関係と思われる長髪の中年オヤジ、ジャズロックやプログレが大好きっぽい(俺みたいな)ヲタ風情、そして中には、着ている制服から明らかに高校生と判る若い世代までいたりして驚かされます。多岐にわたる客層は、決して大先生が一部の楽器ヲタやプログレ/ジャズ・ロックヲタだけにウケている訳ではないことを示しているようで、結構なことです。

 で、今回のセットですが、前回のOUT TRIOの時は、機材運搬の関係もあって、割合コンパクトなセットを使っていたようですが、今回は現在の大先生の使っているフル・セットでの来日。招聘元によると、ドラムセットだけで2tトラック一台が必要とのことでしたがw
要塞セット(客席から見て左側)
 以前のフル・セットの写真は、昔のエントリにも写真を載せていますが、それに比べると若干メロディック・タムが減ったかな?という感じだけど、その代わりチャイナ・ゴング・シンバルの類いが増えてるし!しかもバスドラも!バスドラは数えたら7つ!見える以外にも、どうやらセットの後ろ側にも3つあったらしく、合計10個!もちろんすべて大きさやチューニングが変えてあって、出る音が違うんですこれが。
 さらにハイハットも、見える限りで5セット!ハイハット形式で太い金属製の輪っか(俺が知らないだけで正式な名前のある楽器かな?)を二つ重ねて、カン!カン!という打音を出すシステムもあったから、合計6セット!
 恐ろしいのはそれらを操るペダル類。俺の写真じゃわかりませんが、招聘元の公式ブログに掲載されたこの写真を見よ!m9(・∀・)
 シンバル類を支えるラックは、以前は直線的なものでしたが、セクシーな曲線でできたものに変わっていました。そのためか、セット全体がオーガニックで、まさにボジオ大先生を核としたドラム怪獣とでもいいますか(いわねぇよ)
要塞セット(客席から見て右側)

 ショーは間に15分の休憩を挟んだ二部構成とアンコール。正直、ドラマーたった一人だけのソロパフォーマンスだけで、どれだけの時間”もたせられる”のか、心の底で僅かに不安だった訳ですが、全くの杞憂
もうごめんなさい大先生!ちょっとでも疑問を感じてしまって!

 第一部は割合と穏やかで静かな出だしでした。メタル系にありがちな、よくある(コージー・パウエル兄貴的な)音圧と手数を両立させるべく必死になって叩きまくる図、ではなく、メロディックタムを駆使して、ちゃんと曲を演奏している。サスティンはロールで表現。奏でるメロディはインプロ頼りというよりも、おそらくはちゃんと作曲されたものでしょう。
 途中、マイルスの『スパニッシュ・キー』のカバー(ドラムセット一台でやるか普通)なども織り交ぜつつ、第一部は終了。第二部は比較的アグレッシヴな展開を見せる曲が多く、第一部では知的でシリアスな表情を見せていたボジオ大先生も、第二部では全力疾走するスポーツ選手のような表情を見せてくれます。
 特に本編ラストの曲は、疾走するリズムと耳に残るメロディ、そして超高速ロールによるレガートとオスティナート。何より大先生のオーラが小屋全体に充満し、意味もなく涙が・・・。ライヴで涙が出てきたのは、一昨年のキース・エマーソン来日公演以来でした。
 そしてアンコール。福岡公演ではなかったと言われていたので諦めていたんですが、ボジオ大先生が退場あそばされた後も客電がつかない!こ、これはアンコールが・・・と思う間もなく大先生が再登壇。
「次の曲もカバーで、私にとって大切な曲、フランク・ザッパの『ブラックページ』
もう観客大喜び、大騒ぎ。極東の島国でこの曲名を聞いてこんなに客席が盛り上がるとは・・・ザッパ御大も草葉の影で喜んでいることでしょう。かくいう俺も、この年で生ブラックページが聴けるとは思ってもなかったですよはい。

行きたかったなぁ>Terry Bozzio / OUT TRIO 来日公演。
なにしろ18年ぶりの来日だからねー。あぁ仕事が・・・仕事が・・・

既に行った人達の間での評判が、blogやmixiのボジオコミュで出ています。
今回の来日公演では、普段の要塞セットと違って、かなりコンパクトなドラムセットのようです。
Terry_drumset
って、( ゚Д゚)ハァ?どこがコンパクトやねん!

招聘元である、And Forest Musicによると、今回のセットはツアー用に組んだものだそうで、通常よりはコンパクトとはいってもこれですから。

ちなみに普段のセットはこれ↓
normal set
どうやって叩くのかさっぱりわかりません。
terry plays drums

しかも今回はホールではなくクラブクラスの会場での公演なのもあるんでしょうが、驚くべきことに、マイクなし!だそうです。
完全なアコースティックセットではなく、ギターもベースもエレクトリックです。ドラム以外の二人はPAを通して音を出している訳です。
なのにボジヲ先生だけは、生音。ああ観にいきたい。
しゃーないのでDrummerworldのボジヲ先生のページでチャドと二人でやってるドラムデュオの動画でも見て憂さを晴らしましょうか。
そうそう、チャドも来るんですね、アラン・ホールズワースのカルテットで。 これは福岡公演もあるし、行けないこともないのかな頑張れば。
それにしてもボジヲ先生・・・
今回を見逃すと、次にいつ来てくれるんだかわかりません。あ゛~・・・ orz

感動未だ覚めやらぬ、エマー尊師ことキース・エマーソン様の来日公演。
15日の東京公演のセットリストは以下の通りでした。
  1. Welcome Back
  2. Toccata (Rock Piano Concerto)
  3. Living Sin
  4. Bitches Crystal
  5. Hoedown
  6. Country Pie
  7. Static
  8. The Karelia Suite
  9. Piano Solo
  10. Touch And Go
  11. Lucky Man
  12. America~Rondo
  13. Tarkus
    +++++encore(1)+++++
  14. Black Dog
  15. Fanfare For The Common Man
    +++++++encore(2)+++++++
  16. Honky Tonk Train Blues
開場16:30、開演予定は17:00。広島出発予定は10時だったんですが、広島発毎時00分の「のぞみ」は、実は広島が始発という事実を学習してしまったせいで、
「00分発なら、指定席じゃなくても間違いなく座れる (゚д゚)ウマー」
で、指定席を事前に買わないと、ズルズルと出発準備も遅れ・・・
で、結局、出発は12時ジャスト。
このままだと東京着は16時過ぎ。東京駅16時で新宿厚生年金17時、ってギリギリじゃん!
当初、新宿駅から、ユニオンプログレ館などを冷やかしつつフラフラ歩いて行こうと思ってたんですが、予定変更。
冷やかしどころか、普通に歩いても新宿から厚生年金まで20分くらいかかるし。
のぞみの中で、PCに仕込んであった地図ソフトを見ながら、厚生年金会館の最寄り駅を調べる。
新宿三丁目か新宿御苑のどっちが近いか調べて、どうやら新宿御苑駅のほうが近そう。
ということで、東京駅でJRを下車し、丸ノ内線に乗り換えて新宿御苑駅で下車。この時点で約5分前。
多分定刻に始まるこたぁないだろうとは思いつつも、念のため下車してから厚生年金まで小走りに走ったため、暑い。狭い席に着いても汗が微妙に止まりません。とほほ。

結局、10分ほど遅れて開演(だったと思います)。
客電が落ちて、いよいよ尊師登場。ぉぉーいきなり「悪の経典」のWelcome Back My Friend~のバックの、例の細かいシーケンスフレーズが・・・
あれ?なぜか涙が。なんでだよ、再結成EL&Pでも聴いただろ・・・ライヴ盤やブート盤で嫌というほど聴いただろ・・・

そのときだけじゃない。Hoedownのイントロでも涙が。
涙だけじゃなく、カレリア組曲が流れてきたら脳にジンジンと痺れを感じ、Touch And Goでは一気に学生時代に時間を引き戻され、すっかりお馴染みのAmerica~Rondoメドレーでは全身にアドレナリン放出。
とどめはタルカス全曲演奏。しかも紳士淑女版と同様、最後に「Epitaph」の一節を挟み込むという出血大サービス。
本編が終わったあと、おざなりのアンコールではなく、心の底から「もういっぺん出てきて下さいお願いします」という気持ちを込めてのアンコール。

ほどなくバンドが出てきたと思ったら、突然ZepのBlack Dogをやり始めたのには驚いたけど、Black Dogのエンディングから間髪を置かずに、例のファンファーレが。あれ、また視界が微妙に曇ってきた・・・。

というわけで、泣いたり興奮したり忙しいライヴも、あっというまに終了。
正直「海賊」とか「ナットロッカー」を大ラスに持ってきてもよかったように思いますが、二回目のアンコールでHonky Tonk Train Bluesをやるあたり、このコンサートがEL&Pではなく

「キース・エマーソンとそのバンドによるコンサート」
であることを象徴していたように感じました。

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。