スマートフォン

裏MotorsportsFlashback。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨年夏に日本におけるandroidケータイの第一弾であるHT-03Aが、NTTドコモの夏モデルとして出ました。
 そして今年になって、いよいよ本格的に各キャリアから肝入りのandroidケータイが続々と発表・発売されており、まさに日本はandroid元年を迎えようとしています。
 とりわけ、NTTドコモの力の入れ具合は抜きん出ており、新聞・雑誌・電車の吊り広告などで、盛んにXperiaを宣伝しています。
 また、ソフトバンクは、いちはやく海外で展開済だった端末を、ほぼそのままで国内へ持ち込み。
 そしてauは、シャープと組んでまさかのクラムシェル型。シグマリオン(はNECだけど)やLinuxザウルスが手放せなかったであろう、かつてのモバイルヲタの琴線をくすぐるという変則技。
 それぞれ、キャリアの抱える事情が見事に浮き彫りになっている機種選定だと感じました。

NTTドコモ
androidのカスタマイズ性の高さを利用し、エンタメに特化した端末をリリース。android壱号機としてHT-03Aを半年前に投入済であり、国内キャリアでは最もandroidユーザーの嗜好を把握できる立場にあり、半年間に蓄積したそのリソースを活かしたモノを出してきて、それが正解に近かったからこそ、量販店などでの発売後即品切れという現象が起きた、と考えていいんではないでしょうか。
ソフトバンクモバイル
すでにiPhoneで国内スマートフォン市場を席巻しているのに対して、ドコモがXperiaを投入して対抗してきた。さて、SBとしてはどうしようか、というところで、「ドコモがそう出るなら、こっちはそれ以上のandroidを出そう。でも今から開発とかありえないし、そうだ、海外で出る最新版をとりあえず出そう!ローカライズとか今から間に合わないしどうでもいいから、スペックで負けないもの出しておきゃいいんだよ!」
au
いままでスマートフォンは敢えて無視してきた。どうせ売れないんだし。と思ったら、iPhoneバカ売れしてるし、ドコモも対抗してなにか大きな仕掛けをするみたいだし、遅ればせながらうちも。。。。でも後発だし、iPhoneライクなものを出してもあれだし。iPhone以外は実際売れてないんだから、うちでやるんならもっと国内市場に特化したauらしいのにしなきゃあ。
 ネット上、というかtwitterでは、特にauに対するバッシングが尋常ではない様相を呈しており、それをもって、
「auのandroid機はネット上で不人気である」
としてしまう風潮もありますが、俺は、非実在きもば@kimobiler)さんが言っているように、auから発表されたIS01
『単に「twitterにいる先進デジタルユーザー(笑)」の貧困な想像力を裏切ったに過ぎない。』
んじゃないの?と感じました。
 結局、twitterにいる連中の脳内では、『スマートフォン』=『iPhone』というか、一枚板のスレート式端末、という先入観に毒されてしまっていると。まあそこまでは言い過ぎとしても、キーボードなんてスライド式しか認めない、みたいな視野の狭い連中ばかりだった、ということで。
 本来、androidっていうのは、ハード的にもソフト的にもオープンで、各メーカーやキャリアによって比較的自由なカスタマイズができることが売りだったハズなのに、iPhone的な形状のものしか認めない、という視野の狭い連中ばかりがtwitterには棲息していたんだ、というか。

 俺自身は、シャープ製という点もあわせて考えると、さっき書いたように、これは「Linuxザウルス」の正しい後継機種と感じたし、バッテリーがへたったので流石に最近は使わなくなったSigmarionの代替機がようやく現れた、とも感じましたね。
 みんなiPhoneのフリック入力は電話のテンキーによるトグル入力よりも快適だ、とか言ってるけどさ、多少は変態配列が混じっていても、やっぱりQWERTYキーボードの快適さ、スピードには適うわけがないんだよ。ほんと。

 ただ、auのIS01は、でるのが6月らしいんですよね。それまで我慢ができなくて、結局あれほど毛嫌いしていたソフトバンクモバイルになびいてしまう恐れが無きにしもあらず、なので、自分を抑える意味でも、この春以降に出る各キャリアのアンドロイド端末の特徴と俺的ウリをまとめてみますた。
 リスト中の赤字が、それぞれのウリであります!

機種キャリア発売
時期
OS 物理
キーボード
ポインティング
デバイス
ワンセグ赤外線
XperiaNTT DoCoMo既発売1.6なしなしなしなし
DesireSoftbank Mobile4月下旬2.1なし光学式なしなし
IS01au6月1.6QWERTYトラックボールありあり
関連記事
スポンサーサイト

タグ : android モバイル スマートフォン Xperia Desire IS01

◆広島帰省

 先日、広島へ帰省した時、ひろでんの電車にも何回か乗りました。
 やっと宮島線にもPASPYが導入されたか、とか、導入されたのはいいけど、いきなり失敗してるじゃんかm9(^Д^)プギャーとか、いろいろ思いながらぱぱっと用件を済まして、帰途、最後に乗ったのがたまたまグリーンムーバーだったんですが、なんと、先頭車両の運転席の背中にあたる部分に前からあったディスプレイ、あれが稼働してるじゃないですか!
 てっきり、飾りだとばかり思ってたのに!
 しかも、表示されている内容が、走行中、その場所に合わせて結構インタラクティヴに変わっていってるし。

 ということで、自宅に帰ってからいろいろ調べたら、やっと始まったようですねー。

広島発・日本初の路面電車ディジタルサイネージ実証実験開始

広島市立大学公式サイト)
路面電車移動デジタルサイネージ実験
(広島市立大学インターネット工学研究室公式サイト)

路面電車内で電子看板実験<動画あり>
(中国新聞公式サイト)

 これらのリンク先の資料によると、どうも今回のひろでんのプロジェクトは、ネットワークインフラとして、Emobileのネットワークを使っているようですが・・・これ、最初の予定では、WILLCOMの次世代PHSであるWILLCOM CORE XGPが使われるという話だったんですが、バジェット不足でインフラ整備が間に合わなかったのでしょうかねー。

事業再生ADR手続利用のお知らせ

(WILLCOM公式サイト)

 尤も、ICTコスモポリス広島プロジェクトにおいて、WILLCOMのXGPが全く弾き出された訳でもないようで、固定された場所でのデジタルサイネージにXGPが使われてはいるようですが。

「ICTコスモポリス広島プロジェクト」での「WILLCOM CORE XGP」の利用について

(WILLCOM公式サイト)

 何かにつけて首都圏が中心となりがちなこの種の新サービスですが、珍しく広島が全国的にも早い段階でサービスインする、という噂もあったWILLCOM XGP。その裏には、このプロジェクト用にインフラを整えるという事情があったんですね。

◆IETF広島会議とICTコスモポリス広島プロジェクト

 なぜこの時期に広島が突然こんなIT関係に力を入れ始めたかというと、実はこの11月に広島でIETF(Internet Engineering Task Force)の第76回会議が開催されます(日本での開催は2002年の横浜以来2回目)。
 これは、インターネットの技術的側面における最重要会議とも言えるもので、国内はもとより海外からも、インターネットの技術面に関する重要人物が広島に集結する国際会議です。それでいて非常にオープンな会議でもあり、IETFのメンバーになり(これはメーリングリストに参加するだけで誰でもなれる)、参加費用を払えばだれでも参加できるもので、期間中はこの会議関連の人が1000人以上広島に滞在することになります。
 この会議の開催に併せて、今年はひろしまドリミネーションも例年より一週間ほど早めて、11月6日から開催されるようですし、打ち上げ花火だけでなかなか前に進んでいないICTコスモポリス広島プロジェクトも、IETF開催に併せて大きな前進をすることが期待されています。既に平和公園では公衆無線LANが使えますが、そのエリアを100m道路に沿って放送会館周辺まで拡大(決定)し、さらに100m道路の田中町交差点あたりまで拡大する(検討中)とか。
 で、このICT広島の一環として、ひろでん電車の沿線域をカバーするワイヤレスブロードバンドの整備と、それを使って流すデジタルサイネージの実験が行われていて、先に書いたのはまさにそのことです。
 つまり、WILLCOMのXGPが、少なくともひろでんの電車沿線全域をカバーできなければ、XGPは使えない訳で、そうなると、動画などを使ったリッチ・コンテンツを流せるネットワークインフラは、Docomoの3G通信網か、Emobileか、KDDI系列であるUQのWiMAXくらいしかなく、未だ広島でエリア展開されていないUQ WiMAXは当然論外、基本料金が馬鹿高いDocomoも貧乏都市広島では論外なので、当初名前が出ていなかったEmobileに頼らざるを得ない訳ですね。

 DDIポケット時代から合わせると15年以上WILLCOMを使ってきたユーザーからすれば、ここでくじけずに、XGPのサイトにあるバラ色の次世代通信生活を絵に描いた餅で終わらせないよう、もうひとふんばりしてもらいたいものです。(あ、Emobileユーザーでもあるので、そっちはそっちでがんばれー)

◆コンセプトとハードウェアとコンテンツの三者不均衡

 ところで、このプロジェクトによるデジタルサイネージですが、じつは既に本通商店街でも、お店によっては、店頭にディスプレイを設置して見られるようになっているようです。
 ただ、このリンク先にもあるとおり、まだまだデジタルなものよりも旧態依然とした手作成のもののほうが人目を引きやすいという現状は残念なことです。これは見る側(すなわち通行人)の意識がまだまだ低いというか旧い、という現状も、ひとつにはあるでしょう。
 しかしながら、デジタルコンテンツを提供する側にもさらに大きな問題がある訳で、たとえば、店頭の告知ボードひとつ取ってみても、「デジタルサイネージならでは」の使い方(ノウハウ)が、コンテンツ提供側にも蓄積されていないという気もします。

 たとえば、飲食店でランチタイムによくある、「本日のランチ」と書かれた黒板を出して、手書きでその日のランチメニューが書かれているもの。
 あれなどは、デジタルサイネージを使えば、手書きだけではなく、実際のランチメニューの画像を撮って出しで掲載できるし、店内の混雑状況なんかも天井にwebカメラをつけるなどすれば店外に映し出すこともできる。
(デジタルサイネージとはちょっと意味合いがちがうけれど、広島の地蔵通りにあるお好み焼屋の『貴屋。』では、ランチタイムとディナータイム限定ですが、自社公式サイト内で店内の状況をWebカメラで流しています)
 さらには、iPhoneやDocomo、Willcomなどのスマートフォンと特定のアプリ、そして域内のみフリーの無線LAN、さらには電子コンパスとGPSなどを組み合わせることで、「通りを歩きながら、いまいる場所に特化した情報を受け取ることができる」仕組みなども使えば、さらにコンテンツの可能性は広がります。

 少なくとも、俺が引っ越しする前の本通で提供されていたデジタルサイネージは、デジタルならではのメリットを意識したものはほとんどなかったようですし。(デジタルならではのメリット:内容の差し替えが簡単・しかも画像・映像を使ったリッチなコンテンツが簡単に差し替えられる・だから時間帯・曜日などに応じて簡単に差し替えが利くなど)

◆ユビキタスと拡張現実(AR)

 そういえば、TRONプロジェクトの主でもある坂村健(東大教授)が提唱した「ユビキタス」の考え方は、10年ほど前からこういったアイデアを持っていたように思います。その意味では、やっと天才坂村のアイデアに対して、ハード面での技術が追い付いてきたのかな、と。
 広島でも、外国人向けの観光案内地図などを手に持ってうろうろしている外人をよく見かけますが、書面での情報量には限りがありますから、いっそ、プッシュ型の専用ブラウザをiPhoneとかAndroidとかWindows用に作って、そのアプリを紹介したものを紙で配布しておけば、通信機能を備えたデバイスを持った人は、見づらい紙の地図にデジタルサイネージを置き換えることができるんじゃないかな、と。
 本当は、デジタルサイネージに特化したハードウェアを使って、路面に埋め込んだICタグなどと連動させられれば、なお素晴らしいんだろうけれど、そこまでやらなくても、GPSと電子コンパスと無線LANを使えば、それに近いことはできそうです。『セカイカメラ』とか。
 実際、自治体では、岐阜県がその『セカイカメラ』を使って飛騨高山の観光案内を始めたみたいだし。負けるな広島市、広島の研究者、広島のIT企業家!

IETF広島会議についての記者発表(概要)

(広島市公式サイトより・要Adobe Reader)

IETF 76 - Hiroshima, Japan
(IETF公式サイト)

モビリティ技術を活用した国際都市ホスピタリティ向上に関する研究開発
(広島市立大学)

広島市のICT施策と広帯域無線通信に期待するもの
(総務省サイト内・広帯域無線通信セミナー 講演資料・要Adobe Reader)

NHKアニメワールド 電脳コイル
(NHK公式サイト)

7月9日(木)

 三次ベッケンビールの休業に関する記事が中国新聞のサイトに載った日。
 正確には、8日の深夜23時過ぎだった模様ですが。
 一日中いろいろ考えてしまい、これは飲まずにいられない、いや飲んでる場合じゃない、などと考えながらも仕事が終わって足は自然にGolden Gardenへ。誰が呼びかけた訳でもないのに、常連たちでカウンターもテーブルもほぼ埋まっていた。じゃっきー、ビール部部長、このみん、うっしーさん、ファイバーズーム・・・みんなニュースを知って、とるものもとりあえず駆け付けたという感じ。
 これだけの数の常連が一堂に会することはそんなにないので、もっと馬鹿騒ぎになるかと思いきや、みんないつになく真剣な面持ちで喧々諤々真面目に議論していた。ベッケンビールの、そして地ビールの将来について。
 普段は馬鹿騒ぎばかりしているけれど、みんな志村さんが、ベッケンビールが、そしてビールが好きなんだなあ。
 えらそうな言い方になるけれど、クラフトビール先進地域である首都圏のビールファンって、多かれ少なかれ、今回のような体験をしてきている。「自分が好きなブランドのビールがある日突然飲めなくなる」という体験を。
 Golden Gardenがこの二年で発掘し、あるいは開拓し、育ててきた広島のクラフトビールファンにとっては、この体験をすることで、「自分が飲みたいものが飲めなくなる理不尽」を二度と繰り返したくないからこそ、普通の(マニアやヲタクじゃない一般の)人たちに対して、クラフトビールの草の根営業をすることになるんでしょう。
 また、運命のいたずらとはこのことでしょうか、7月11日を最後にGolden Gardenを去ることが決まっているバイトのケースケ君のフェアウェル企画として、この日から三日間、ケグが『ケースケ・セレクション』と銘打って、ケースケ君が好きな樽生ばかりを入れていて、初日の9日は、三次ベッケンビールの秘蔵、7か月熟成のヴァイツェンボックがありました。
 いや、最後のヴァイツェンボックとは言いません。きっと来年も飲めるよ!

7月10日(金)

 関東在住の三次ベッケンビールファンである猫背さんより、広島での三次ベッケンビール存続の署名活動の受け皿として動けないかとの打診。
 先日のエントリにも書いたとおり、Golden Gardenがやるのではなく、いちビールファンとして今回の活動を進めることこそが大切なことだと思い、お引受けすることにしました。
 さっそく、Celticのオーナー田村さん、いいづかの女将さん、そして@nimaのマスターの三人に連絡を取り(みなさんそれぞれに今までにベッケンビールのおいしさを知り認めてくれている人たちです)、署名の協力を取り付けました。みなさんありがとうございます。

7月11日(土)

 いよいよケースケ君のGolden Garden最終日。
 仕事が終わって、署名に協力いただける各店に署名用紙を置いてから、遅ればせながらのケースケ君フェアウェルイベント?に参加しました。
 さすがに三次のヴァイツェンボックはなくなってて、かわりに出雲路のヴァイツェンボックが入っていました。これがまた、くぅー!ってな感じで。きつーw
  時間が経つにつれて、お客さんも、ほぼ常連さんばかりになってきました。
一昨日、これも常連ばかりが集まっていたのに、しんみりした夜だったのとは対照的に、この日ばかりはみんな大騒ぎ。
 見たことのない女性がいる、と思ったらケースケ君の彼女だったりとかして、最後はお店の入口の札を「CLOSE」にして、みんな笑顔でケースケを送ってあげられました。
 一旦Golden Gardenを閉めたあと、スタッフのすぐる君と一緒に、すぐる君いきつけのお店、「九州魂」へ。じゃっきー、小夜ちゃん、すぐる君、すぐる君のお友達と五人で文字通り飲み明かしました。

7月12日(日)

張り紙
 この日は三次ベッケンビールのレストラン営業の最終日。
 前夜から朝まで飲み明かしたにも関わらず、行かずにはおれなくなって、昼前に広島を出て、13時半頃に三次着。というか、行く予定があったにも関わらず、前夜飲み明かしてしまったというべきですかね。
 ベッケンビールのレストランでは、先着していたGolden Gardenの福本さんとなるさんの二人と合流。ほどなくして他の常連さんも合流。休業のニュースを聞いて駆け付けたとおぼしき人たちも多々見受けられ、レストラン内はいつになくにぎわっている感じでした。
 志村さんは樽詰めの作業で大忙しでしたので、ご挨拶程度にとどめておきました。二日間で一か月分くらいの樽詰、瓶詰めをやった、と冗談めかしておっしゃってました。

7月13日(月)

 この日は休み。
 朝、本通にあるドコモショップ本通駅前店に行く。
 以前から予約していた、日本初のAndroid搭載ケータイ、HT-03Aを受取り。まさかまさか、自分がドコモユーザーになる日が来るとは思ってもみませんでした。
 ドコモも、禿電話ソフトバンクにiPhoneを取られたのがよほど悔しかったんでしょう、業界の王者らしからぬ攻撃的な端末を次々に繰り出してくる今日この頃。
 なんというか、今のドコモ・au・禿dソフトバンクの三社の中じゃ、とんがってる機種が一番多いのがドコモだという現状がそもそもかつての状況を考えると思ってもみなかったような感じじゃないですか。
 夏モデルに限っても、このHT-03Aだけじゃなく、snapdragon搭載のこれとか、究極のキャラものと言えるこれとか。
 後者なんて、下手したらソフバンのシャア専用ケータイの二番煎じになりかねないところ、徹底した作りこみと独自コンテンツの充実を図ることで、そういう誹りを受けないようになっているし。いや実際かっこいいよあれ。
 しっかし、このHT-03Aを検討するにあたって、市内のドコモショップをいくつか回りましたけど、どのショップも機種名を言っただけで逃げ腰になるのはなぁ。一番対応がまともだったのが本通駅前店だったからそこで予約したけど、一番ひどかったのはデオデオ本店横の大きなドコモショップ。ホットモックの数も多いし、広島市内の旗艦店みたいな構えをしているにも関わらず、
「現時点で説明できるのは夏モデル共通カタログに載っていることだけなので、それ以上のことは自分でネットで調べてくれ」
ときたもんだ(や、もっと言葉づかいは丁寧でしたがね)。
 で実際は共通カタログに書いてあることすらまともに説明できない上に、「自分でネットで調べろ」とは。いやはや。

 そして夜。三次ベッケンビールの件で、新たな展開が。どうか、みんなが笑って志村さんの作る新しいビールが飲める日が来ますように。

 Copyright © MotorsportsFlashback 弐 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。